マーケティング戦略立案に役立つ調査レポートの販売を開始

share

宣伝会議は、「宣伝会議ONLINE」において、新たに、広告・マーケティングに関わる調査レポートの販売サービスを10月28日より開始した。

取扱いジャンルは「広告、マーケティング、ブランド」「ITデジタル」「販促・営業・購買データ」「消費者インサイト、ライフスタイル」。

サービススタートの背景には、編集部が実施してきたアンケートに対して、多くの読者より「もっと詳しい内容が知りたい」という要望をいただいたことがある。

これまで編集部では、広告界でビジネスを行う人たちの業務実態に迫るアンケート特集を行ってきた。例えば、月刊『宣伝会議』で毎年行う「ブランドマネージャー」にスポットを当てた特集。商品開発から販売の現場まで、ブランドのかじ取りを行う非常に重要な職種が日本国内に増えてきたタイミングをいち早くとらえ、これまで毎年アンケートを実施。広告予算の増減や、注目している事象、今後の戦略など、他では得られない情報を掲載してきた。

それとともに、誌面では伝えきれない情報について、「より詳しい情報が欲しい」という要望が多くなってきたのだ。

今回の新サービスに合わせ、オリジナル調査レポートとして、「日本企業のブランドマネジメント組織と人材 2015」を作成。27項目の調査項目に加え、それを踏まえた、ブランドマネジメントの有識者のレポートも収録している。

この「ブランドマネジメント」の調査レポートのほか、各誌の人気連載をまとめたレポートや、ローデータがセットになった生活者インサイト調査データ、キャラクタービジネスに関する調査レポートなど、外部提携企業のマーケティング関連レポートも取り扱っている。

サイトでは今後、キャンペーン情報やID-POS分析データなど、取扱い分野が広がっていく予定だ。

調査データの一覧はこちら

Follow Us