コラム

長谷川、カヤックやめるってよ。

糸井重里さんに聞いた“広告の世界から抜けだす方法”

share

好きな人に対してタダでしゃべる

長谷川:(頭が真っ白になりながらも) 質問を考えてきたのですが、見ていただけますか?

糸井:(質問の項目を見ながら)うーん、やっぱり質問も面白くないですねぇ。あぁ、でもこれは面白いかもしれない。「コピーライターをやめることはできるのでしょうか?」

長谷川:以前、糸井さんが「コピーライターやめました」とおっしゃっていた記事を読んだのですが、コピーライターをやめるというのはどういうことなのか、やめるとしたらその次はどんな可能性があるのか、知りたいと思いました。

at_3

糸井:「コピーライターやめました」は、タイトルをつけた人が書いたもので、僕が言ったわけではないけれどね。コピーライターをやめることができるのかどうかは、僕にもわかりません。やめたとはいえ、僕の考え方の原型はコピーライターのときにできたのだと思います。そういう意味では、やめていないとも言えるかもしれません。

では、僕は今なにをしているかというと、タダでしゃべっているんですよね。コピーにしたらお金になるようなことも。自分の好きな人に対して、タダで一緒になって考えるのが今の僕の仕事なんです。

そういう意味では、ただコピーというかたちでギャランティーされていないだけで、ずっとコピーライターとも言えるのかもしれません。

自分の仕事を技術職にしない

糸井:でも、コピーライターという言葉にとらわれてしまうのは良くないことだと思います。コピーライターって、例えば警備員や公務員と同じ。ただの職業名なんですよ。

長谷川:僕が新しく立ち上げた会社の社名は「株式会社コピーライター」なのですが…

糸井:うん。社名もそうだし自己紹介を聞いていても感じたけれど、長谷川さんはコピーライターという言葉を大事にしすぎているんですよね。コピーライターのことを、うまいこと考えたり言ったりしている人だと思っているんじゃないかな。

長谷川さんが考えた「元カレがサンタクロース」という質屋のコピーも、たしかにすごいかもしれないけれど、本当はその仕事を考えた人のほうがすごいですよね。

長谷川さんは、カヤックで働く前はリクルートに勤めていたんですよね?

長谷川:はい、2年ほど勤めていました。

糸井:その2年間が大事だったのではないでしょうか。きっと、コピーライターの枠を超えて学べることが山ほどあったはず。リクルートの人たち、本当にいい仕事をしているんですよね。

切実にお金を出して広告を打とうとしている経営者の話なんて、なかなか聞けませんよね。そういう人の話を真剣に聞いて、やりたいことを理解して、かつ、そこからどんな広告をつくったら見る人の役に立てるのかを考えたほうが、奥深いし可能性もあると思いますよ。

大きいメディアで自分のコピーを出すよりも、そんなふうに企業への敬意から何か一緒につくれたら、ものすごくいいですよね。

長谷川:それは今、糸井さんがやっていることでもありますよね。さまざまな企業とコラボレーションして商品やコンテンツをつくったり。

at_4-1024x568

「ほぼ日ストア」では、さまざまなブランド・作家・メーカーとコラボレーションしてつくった商品を販売している。

糸井:コピーライターを技術職のように考えると、逆に狭くなってしまうんじゃないかな。

コピーライターなんて言葉がない時代にも、コピーライターがいま考えているようなことを考えている人はいたと思いますよ。

例えば、奈良の大仏をつくるにしても、最初はきっと、世の中に暗いことが続いたときに「いいことがたくさん起こるように」と企画した人がいたんですよね。それを実現するために、材料やスケジュールを考える人がいて。そして集まった人に対して、また何か新しいことを考える人がいて。そのときはコピーライターなんて役割はないけれど、ここに今コピーライターがやったらいいことがすべて入っていますよね。コピーライターの仕事は、言葉を考えることだけではないはずです。

次ページ 「「あぁ、通じない!」という経験を買って出る」へ続く

Follow Us