コラム

長谷川、カヤックやめるってよ。

糸井重里さんに聞いた“広告の世界から抜けだす方法”

share

今回のおさらい

広告の世界から抜けだす方法

・好きな人に対してタダでしゃべる
・自分の仕事を技術職にしない
・「あぁ、通じない!」という経験を買って出る

長谷川メモ

糸井さんは刀の達人で、素人の僕が何か言おうと刀を抜けば、その瞬間切り捨てられるので、「何も言えねぇ」状態でした。弟子でもなんでもない人なのに、真剣に向き合ってくださって本当に感謝です。

インタビューが終わり、糸井さんと写真を撮ったとき「落語の『鼠穴』を聴いてみるといい」と言われて、いくつか聴いてみました。ですが、この話から自分が何を学べばいいのかは、わかりませんでした。「自分は100円玉1枚でも頑張れるのか?」「在庫を抱えない商売でも、鼠穴から燃え上がることはあるよなぁ」。聴く度にいろいろなことを考えさせられますが、「簡単に教訓を解釈するなよ」という教訓にも思えてきます。この話も、糸井さんが話してくださったことも、引き続き持ち歩いていきます。


次回予告

コピーライター長谷川哲士がカヤックをやめるまで、あと4日!!!!
…なのですが、この連載はまだ終わりません。退職後の年明けにもインタビュー多数公開予定です。どうかもうしばらくおつきあいくださいませ。長谷川カヤックやめてもこの連載は続くってよ…。次回もお楽しみに〜(・c・)

コピーライター養成講座 拡散コース
長谷川さんに加え、藤本宗将さん(電通)・眞鍋海里さん(BBDO J WEST)の3名を講師として、媒体、コンテンツを問わず機能し、拡散していくクリエイティブの在り方について学び、今の時代に「コピーライター」として生き残る術を考える「コピーライター養成講座拡散コース」を開講しています。
詳細はこちら

Follow Us