コラム

#石井リナのゆとりですがなにか

インスタジェニックを追い求める若者たちに「自分らしく」の声は届くのか

share

企業は「自分らしくいこうぜ」と主張しはじめている

日本ではまだまだInstagramブームで、インフルエンサーマーケティングも真っ盛りです。18歳で何千ドルも稼いだと言われる、Essena O’Neill(エセナ・オニール)のように、わざわざ自分の稼ぎ口を塞ぐ自己主張ができるインフルエンサーは出てこないと思います。それは、日本がまだインスタグラマーにとって、稼げる市場だということと、国民性の違いが挙げられます。

国民性の違いに関しては、周りの目を気にする、自己主張をしない国だからというところでしょう。インフルエンサーマーケティングの市場も飽和状態になってくれば、若いインフルエンサーが、こうした訴えを起こし、メッセージを発信してくれるかもしれません。

ここ最近で、SNSコンサルタントの私が、最も心惹かれたプロモーションが、Levi’s®の「#いいね不要」とサントリーの「やや充のススメ」でした。Levi’s®に関しては、「#いいね不要」というタイトルの通り「人の目や、いいねを気にして生きるなよ」という意図を込めた、メッセージ性の強いプロモーション。

サントリーの「やや充のススメ」に関しては、Instagramで加速している、リア充アピールを例に上げながら、「その生活疲れない?やや充(やや充実)でいいじゃない」というゆるっとした、タッチが印象的なプロモーションでした。両者とも共通して言いたいことは、「周りの目を気にせず、頑張りすぎず、自分らしくいこうよ」というメッセージだったのではないでしょうか。

企業やブランドによる、こうしたプロモーションは増えています。SNS上の自分を過剰に気にする若者たちに対し、「自分らしく」というメッセージを発信することは、イノベーティブな存在であり、素直にかっこいいなと感じます。

ただ企業やブランドが発信するのでは、一般ユーザーを巻き込むにも限界があることも事実。パワーのあるインフルエンサーが自分自身の口で、「自分らしくいこうよ」と語ってくれる日のことを、首を長くしながら待ちたいと思います。

Follow Us