コラム

秋山具義の「会食バカ」のススメ。

成功者は麺が好き?ゲッターズ飯田の運気が上がる「開運会食術」

share

偉くなる人は麺類、特にうどん好きが多い!?

秋山具義:ウィキペディアに、ゲッターズさんがコンビニでアルバイトをしていた時、会計中にお客さんの手相を見て暗記することでデータを集めて占いの腕を磨いたり、バイト仲間に「からあげ棒」を買いそうなお客さんの手相を教えたところ「からあげ棒」の売り上げがその地域でNo.1になったと書いてあったのですが、そんなことも手相でわかっちゃうんですね。ちなみに「からあげ棒」買いそうな手相ってどんな手相なんですか?

ゲッターズ飯田:その話、本当なんです。「からあげ棒線」と名付けたんですが、生命線と頭脳線が離れている人はやけ酒ややけ食いするような豪快な人が多くて、豪快な人がお金を使うということは占い上わかっていることなんで、からあげ棒を買う確率が高いんです。逆に生命線と頭脳線が閉じている人はまじめで堅実な人が多いので、そういう人はあまりお金を使わないので売れないんです。

秋山:「からあげ棒線」ってすごいですね(笑)。

うどんが主食:(手相を見合って)あ、俺と具義さんは閉じてるからまじめで堅実だね。

秋山:クライアントと「会食」に行く時に、相手によってどういう店を選べばいいか、占い的にわかったりするもんですか?

飯田:「君はなんでこの仕事についたの?」とか、口グセが「なんで?」という質問が多い人は食にこだわるので、好きな食べ物を聞いてそのトップクラスの店に連れて行ったほうがいいですよ。その時集中して好きな食べ物ばっかり食べて、飽きたら全く食べなくなるという人が多いんです。「まぁ、いいや」とか「なんでもいいや」という楽観主義者の人は甘いものが好きなので、デザートが美味しい店に連れて行ったほうがいいです。でもこういう人はあんまり偉くならなくて、偉くなる人は麺類が好きで、特にうどんが好きな人が一番多いんですよ。

うどん:やった〜!

飯田:うどん、そば、ラーメン、パスタの美味しい店を探して教えてあげると、経営者などの偉い人には喜ばれます。偉い人は麺の中でもうどんとかカルボナーラとか白っぽい麺類が好きですね。麺好きは仕切りたがり屋で面倒見がよくて正義感の強い人が多いんですね。ちなみに、米が好きな人は2番手3番手でサポートする人が多いんです。

うどん:うどんにかやくご飯とか一緒に食べるのが好きなんですけど、どうすればいいですか?

飯田:それはただの食いしん坊です(笑)。元々ラッキーフードとかインチキだろうと疑っていたんですが、試しに1ヶ月間、朝昼晩と麺類しか食べなかったら、後輩を飲みに誘ったりとか今までしなかったことを急にするようになって、周りから「面倒見がよくなりましたね。」って言われるようになったんですよ。麺類を食べ続けると、結果的に人の面倒を見たくなる。

秋山:麺好きが偉くなったり面倒見が良くなるなら、これから堂々と自信を持って麺が食べられます(笑)。

次ページ 「ゲッターズ飯田さんがよく行く「開運店」は!?」へ続く

Follow Us