世界のデザイン界のリーダーに学ぶ、D&AD POP UP : Tokyo開催

share

世界で最も厳しいと定評のある国際的なデザイン・広告賞、D&AD賞。

近年、日本からのエントリーは毎年増える傾向にあり、昨年は最高賞であるブラックペンシルをイヤマデザイン 居山浩二氏による「mt expo 2015」が受賞している。

そんなD&ADが1月30日~2月1日に「D&AD POP UP」と題し、東京でレクチャーとワークショップを開催する。

このイベントでは、D&ADが掲げる「クリエイティブ・エクセレンス(卓越したデザイン力)」と「優れたアイデア」が意味するものを、ロンドン本部およびアジアから招いたトップデザイナーたちがレクチャーとワークショップでひもとく。

ブルース・ダックワース

1月30日、2月1日に登壇するのは、D&ADプレジデントであるブルース・ダックワース。コカ・コーラのブランディングプロジェクトでカンヌ広告賞グランプリ受賞し、ロックバンド「メタリカ」、リーバイスなどのブランディングでも知られる。
そして、1月31日には、“シンガポールの至宝”と呼ばれるグラフィックデザイナー テセウス・チャンが、ダックワースと共に登壇する。

テセウス・チャン

テセウス・チャンは常に独創性あふれるビジュアルコミュニケーションを展開し、なかでも印刷技術を熟知した出版物や雑誌のデザインではグラフィックデザインと印刷の新しい関係性を創造し世界中のデザイナーに影響を与えた。これまでにコムデギャルソン、ルイ・ヴィトン、アディダスのビジュアルコミュニケーションを手掛けている。

1月30日は1日かけて、プロフェッショナルとして活動するグラフィックデザイナー、アートディレクターを対象としたワークショップを開催する。

ジム・サザーランド

講師は、D&ADエグゼクティブボードメンバーを務めていたジム・サザーランド。これまでにロンドン自然史博物館、ウィンブルドン・ローン・テニス博物館、スコットランド国立 博物館, ウェールズ国立オペラ劇場Welsh、ウェストミンスター大学など多数のリブ ランディング他、ロイヤルメール(イギリスで郵便事業を営む企業)のために 50種以上の切手デザインを手掛けている。

詳細は以下の通り。

○開催概要

#1   1月31日(火)18時半~20時半 会場:dots.
D&ADプレジデント ブルース・ダックワースによる「2016年度デザイントレンドおよび課題の分析」

D&ADが毎年運営する4つの賞*(プロフェッショナル・アワード、ニューブラッド・アワード、ネクスト・アワード、インパクト・アワード)の2016年度受賞作品の評論およびにD&ADの評価の基準について解説。毎年70カ国以上の国から参加が集まるD&AD賞を、クリエイティブの分野、参加国、注目のクリエーターなど多方面からD&AD賞を徹底分析。
(参加費:2000円ドリンク付)

#2 2月1日(水)18時半~20時半 会場:dots.
プレジデント・レクチャー:ブルース・ダックワース(D&ADプレジデント)とテセウス・チャン(グラフィックデザイナー)によるデザイン対談

(参加費:2,500円 ドリンク付)

#3 1月30日(火)10時30分~17時 W+K+ Gallery(東京都目黒区上目黒1-5-8-1F

クリエイティブ・トレーニング「Work(&play)shop」

本ワークショップでは、アイデアをPlay(自由な発想)とともにデザインワークを形づくることを学び、アイデアをデザインに落とし込むプロセスを多様な実演と講義を合わせて、知識だけではなく身体で学ぶ感覚も取得することを目指す。また、ワークショップ後半では、講師と参加者の1対1によるポートフォリオクリニックも実施。
(授業料: £350 約¥50,000)

*支払いはD&ADオンラインショップにて、英国£でのカード決済となる。

問い合わせ
D&AD日本事務局 古屋(こや) kotoko.koya@dandad.org


「D&AD賞」に関連する記事はこちら

Follow Us