米スマホユーザーの60%以上の位置情報を取得!急成長中のデジタル広告会社に注目

share

取材対象

Ground Truth
コミュニケーションVP Kimberly Konstant氏

 

2017年6月、xAdからGround Truthに社名変更した。

米調査会社ニールセンの調査によると、2016年9月末時点で全米の携帯電話契約者数に占めるスマートフォン普及率は88%で、2016年9月の86%から2ポイント上昇した。

Ground Truthは、モバイルアプリを通じてユーザーの位置情報を取得、ジオターゲティングに基づいてデジタル広告の配信および効果測定を行っている。2017年6月に旧社名のxAdから、現在の社名に変わった。

米国内のスマートフォンユーザーのおよそ3分の2のデータを取得しているという同社に、ロケーションベースマーケティングの今と、今後の可能性を聞いた。

次ページ 「位置情報を活用したモバイル広告、米国で急成長中」へ続く

Follow Us