コラム

クリエイティブシティ アムステルダムから送る「越境のススメ」 

広告は未来をデザインするものであってほしい

share

【前回コラム】「日本×オランダの協働プロジェクト開始 越境は「スピード感」が命」はこちら

最近、アムステルダムのスキポール空港にいらした方は目にしたこともあるかもしれませんが、スキポール空港には電気自動車(EV)のセダンやSUVを開発する自動車メーカーであるTeslaのタクシーがよく乗り入れています。そもそもオランダでは、すでに多くのEVが走っており、Teslaも全く珍しくなく普通に街中を走っています。

というのも、すでにオランダでは2025年のEVへの全面移行が決まっています。イギリスやフランス、ドイツ、そしてインドなどもEVシフトを宣言していますが、オランダは、そうした国と比べても一足早く世界のEVシフトを牽引する形となっているのです。

一方、日本では担当大臣が「いきなり電気自動車にいけるわけでもない」などと発言し物議を醸しています。世界に誇る日本の自動車メーカーは、世界がEVへシフトしていく中、どうなるのか? 大臣の発言の真意のほどはわかりませんが、オランダからそうしたニュースに触れると、相当遅れているなあと感じます。

日本で電気自動車というと、日産自動車が一歩リードしている印象があります。実際に、オランダでもリーフはよく見かけます。今や日産系?の三菱自動車もよく見かけますので、当然、日本メーカーも頑張っているのですが…。

次ページ 「EVカーも実はアムステルダムがリードする?」へ続く

Follow Us