「『地方創生』は東京目線の言葉」菱川勢一インタビュー

share

【前回の記事】県庁組織にイノベーションを起こす小さな組織「さがデザイン」はこちら

徳島、金沢、尾鷲、仙台、高岡…日本全国さまざまな地域で動画を制作し、また地域イベントのプロデュースを行ってきたドローイングマニュアル。同社が地域と深く関わりを持つ理由を、代表の菱川勢一さんに聞いた。
(本記事は、『地域を変える、アイデアとクリエイティブ! 読本』記事を転載したものです)

ドローイングマニュアル 菱川勢一さん

ケンカからはじまった! ? 高岡の仕事

数年前に富山県高岡市の職人の集まり「伝統産業青年会」と高岡を盛り上げるための短篇映画『すず』をつくりましたが、彼らとの最初の出会いはひどいものでした。丸の内のハーマンミラーストアで「職人気質の未来」をテーマにしたトークイベントがあって、高岡の鋳物職人や漆器職人の登壇者に混じって、なぜか映像作家の僕も呼ばれたんです。

その対談で職人さんが「漆のiPhoneケースを作っていて1万円で売っている」と紹介していたので、僕は「そんなダサいケースを誰が買うんですか?どこで売ってるんですか?」と正直な気持ちを口にしました。でも、職人さんは「自分たちは作り手だから」と、質問に答えられなくて。僕はそれではダメだと思ったんです。映像業界では同じ作り手のディレクターがニーズや公開場所、予算なども必ず考えます。「マーケティング的なことはプロデューサーの仕事でしょ」と言ったら、絶対に次から声はかかりません。

さすがにその場ではそこまで言わずに終了しましたが、後で聞いたら彼らの僕に対する印象はひどかったらしい(笑)。そんなことは全く知らずに過ごしていたら、伝統産業青年会の会長が「東京に行くので飲みませんか?」と声をかけてくれたんです。

彼らは5、6人いて、説教してやろうと思っていたそうですが、僕はそこでもマーケティング視点の必要性や他の業界よりも遅れていることなど、思っていたことを全部伝えました。

その中で「そうはいっても、菱川さんは現場を見てませんよね。一度高岡に来てください」と話が出たので、その週末にすぐに行き、職人さんの工房を回りました。回りながらこれはすごい!と感嘆して打ち解けて、夜には市長も参加しての大宴会になったところで、「はじめは腹が立ったが、よく聞けば菱川さんの言っていることは筋が通っている。みんなで予算を集めるからPR 映像をつくってほしい」とお願いされたんです。それならばただ美しいだけの紹介映像ではなく、短篇映画を作りたいと話をしました。


高岡市 ニッポン・ローカルショートムービー「すず」(2013年)
富山県高岡市を舞台に、鋳物職人の家に生まれた夫と結婚を機に高岡にやって来た妻が、自分の夢と現実のはざまで葛藤する姿を描く。笑いあり、感動ありの短編映画。

次ページ 「「まずは郷に入れ」の精神で」へ続く

Follow Us