世界の共通語は下手な英語!〜日本人が自信をもって英語を話すための3つの方法

share

松浦良高

ビジネスの現場で使えるビジネス英語の「型」を学ぶ書籍『マーケティング英語の教科書—完璧ではなくても、仕事で自信を持てる英語—』が発売になりました。今回は、発売を記念して、本書の内容を少しだけアドタイで公開したいと思います。英語を使えるようになりたいと思いながらも、なかなか行動に踏み切れない方必見です!

ネイティブスピーカーには絶対になれない

英語を使えるようになりたいと思っている人は日本中にたくさんいると思います。そんな多くの人たちに対して、いきなりがっかりするようなことを書くのですが、日本人が勉強してネイティブスピーカーになるというのは、ほぼ無理だと思っています。

もちろん、アメリカやイギリスに幼少期から、中学、高校、大学のような高等教育まで行った人ならほとんどネイティブといえる英語スピーカーになれるかもしれませんが、イギリスに4年間大学留学しただけとか、アメリカに4年ほど現地の小学校に通っていたとか、その程度では、完全なネイティブスピーカーにはなかなかなれないと思います。

それは、日本語に置き換えて考えてみるとわかりやすいかもしれません。欧米人が日本に4年間留学していただけで、我々日本人のようにことわざや慣用句などを駆使して日本語を完璧に操るというのは至難の業だと思います。たとえば、「釈迦に説法ですが・・」とか、「坊主憎けりゃ袈裟まで憎い」とかを数年の留学だけで使いこなせる欧米人はなかなかいないでしょう。

私も英語については、一般的にいえば、できる部類に入る方だと思います。しかし、それでも、自分が英語のネイティブスピーカーだと思ったことは一度もありません。むしろ、ネイティブスピーカーとの差を明確に感じますし、当然ではあるのですが、ネイティブというのは通常の日本人では到達できない相当高い英語のレベルだと日々痛感しています。

次ページ 「自信を持ったスピーカーになろう」へ続く

Follow Us