テーマはFEARLESS MARKETER ――Marketoがサンフランシスコにて「Marketing Nation Summit2018」を開催

share

マーケティングソフトウェアとソリューションを提供するMarketoが米・サンフランシスコで開催する「Marketing Nation Summit2018」が始まった。2018年4月29日から5月2日まで開催の予定。「Marketing Nation Summit」は世界からMarketoユーザーやパートナー企業が集まるイベントで、今年のテーマは「THE FEARLESS MARKETER」。

現地時間30日には「Be Brave.Be Fast. Be Bold」のテーマのもと、キーノートが開催になりMarketo CEOのSteve Lucas氏らが登場した。

今回のサミットのテーマである「FEARLESS(恐れを抱かない、大胆な)」にちなみ、スティーブ・ルーカス氏からはキーノート内で本イベントに参加している“FEARLESS”なマーケターたちのチャレンジが紹介された。

スティーブ・ルーカス氏は「ユーザーのコミュニティである『MARKETING NATION』は、オンラインで世界中のユーザーとコミュニケーションをとることができ、かつ多様性がある。マーケターが互いの知見を持ち寄り共有しあう、強力なコミュニティになっている」とMarketoユーザーが集うコミュニティの強みについて説明した。

「昨年のMarketing Nation Summitでは、『ENGAGEMENT ECONOMY』の概念について説明した。人と人がつながりあっている今の時代、ブランドはカスタマーによって定義され、もはやマーケターがコントロールできるものではなくなっている。この環境では、従来の量が重視されてきたマスマーケット時代から変化し、価値やつながりがより大事になっている」とエンゲージメントマーケティングソリューションを標榜する同社の考えを語った。

さらに「人々は主にモバイルなどを通じて、APIを介して世界中の人々とつながっている。世界の人口の約半数が、この『ENGAGEMENT GRID』に参加している状況では、カスタマーに対して、あらゆる接点で常に話しかけることが大切となる。セールス担当がコンタクトをとる際には、すでにカスタマーの意思は決まっている。あらゆる接点を通じて、カスタマーに語りかけ、エンゲージメントを深める。カスタマーの体験をキュレーションするような役割がマーケターに求められている」と続けた。

マーケターを対象にしたアンケートの結果を示したスライド。アナリティクス領域の技術への投資の増加、投資するテクノロジーの数の増加、マーケターの役割がカスタマーの体験全体のオーガナイゼーションへと広がっていることなどが示された。

この1年の間にMarketoが取り組んだイノベーションについての発表のスライド。エンゲージメント強化を支援するプラットフォームの機能拡充。セールスとマーケティングの連携、AI、アナリティクス、そしてMarketoユーザーに対するUX向上の5つ。また当日はアトリビューション分析の技術を持つBizible社の買収も発表された。

Marketoでは2017年8月にGoogle Cloudとの提携を発表している。キーノートにはGoogle Cloud CEOのDIANE GREENE氏も登壇した。

本サミットには世界からマーケターを中心に約6000名が参加。ストリーミング配信もされている。

Follow Us