有楽製菓が望む販促アイデアとは?/第10回販促コンペ

share

パンチのあるパッケージに込めた意図

「ブラックサンダー」のパッケージは初代から4代目まであります。
奇抜な色使いのユニークなパッケージや、通常お菓子ではあまり見ないようなキャッチフレーズをつけ、ほかのブランドとの違いを強調しています。

1代目 うまさ本物、スーパーチョコバー

2代目 初めて「イナズマ級」というお菓子らしくない、パンチのあるコピーを導入。

3代目 このころから若い女性からのファンレターが送られてくるように。そのまま使パッケージに使用。

4代目 色合いなどは変えず、より疾走感のあるデザインに。

昨年のリニューアルの際には、外側にかかっているチョコレートを7.5%増量。それまでよりもチョコレート感がアップしたため、これまたお菓子らしくない、「パワーアップ」という文言を追加しました。

ゆずれない味、ザクザク感とあと引く甘さ

「ブラックサンダー」の特徴は、なんと言ってもザクザクとした独特の食感です。プレーンビスケットとココアクッキーの2種類をチョコレートでコーティングしています。

またココアクッキーの苦みとチョコレートの甘さの絶妙なバランス、もう一個食べたいなと思っていただけるような、あと引く甘さもゆずれないポイントです。

ほかにも「ビッグサンダー」や「白いブラックサンダー」など、購入者や売り場、食べる場面、価格帯などが異なる、多数の商品を展開しています。すべての商品で共通して「楽しい世界観をつくり上げること」を意識しています。

次ページ 「これまで実施した企画。」へ続く

第10回販促コンペの特設サイトはこちら

Follow Us