スパイクスアジア2018、日本企業が関連する受賞は87点【前編】

share

【後編】スパイクスアジア2018、日本企業が関連する受賞は87点【後編】はこちら

アジア地域最大級のクリエイティブフェスティバル「スパイクスアジア」が、9月26日~9月28日にシンガポールで開催された。26の国と地域から4056件の応募が集まり、本年度から設定されたグラス賞を含む21部門で受賞作品が発表された。

日本企業が関連する受賞は87点で、SIX、ライゾマティクス、コレオグラファーのMIKIKOさんによるコラボレーションで制作された製紙会社Double AとロックバンドOK GOのコラボレーション楽曲「OBSESSION FOR SMOOTHNESS」のミュージックビデオがデジタルクラフト部門でグランプリを受賞した。全体では、世界初の環境保護誓約である「Palau Pledge(パラオ誓約)」が最多5つ(デザイン/ダイレクト/インテグレーテッド/メディア/PR)のグランプリに選ばれている。

「OBSESSION FOR SMOOTHNESS」

 

「Palau Pledge」

 

次ページ 「各部門グランプリと日本企業が関連する受賞作品」へ続く

Follow Us