スパイクスアジア2018、日本企業が関連する受賞は87点【後編】

share

【前編】「スパイクスアジア2018、日本企業が関連する受賞は87点【前編】」はこちら

アジア地域最大級のクリエイティブフェスティバル「スパイクスアジア」が、9月26日~9月28日にシンガポールで開催された。26の国と地域から4056件の応募が集まり、本年度から設定されたグラス賞を含む21部門で受賞作品が発表された。

日本企業が関連する受賞は87点で、SIX、ライゾマティクス、コレオグラファーのMIKIKOさんによるコラボレーションで制作された製紙会社Double AとロックバンドOK GOのコラボレーション楽曲「OBSESSION FOR SMOOTHNESS」のミュージックビデオがデジタルクラフト部門でグランプリを受賞した。全体では、世界初の環境保護誓約である「Palau Pledge(パラオ誓約)」が最多5つ(デザイン/ダイレクト/インテグレーテッド/メディア/PR)のグランプリに選ばれている。

各部門グランプリと日本企業が関連する受賞作品

クライアント/ブランド「タイトル」(企画制作)

【グラス】

THE TIMES OF INDIA/NEWSPAPER「SINDOOR KHELA – NO CONDITIONS APPLY」(FCBULKA)

インドのタイムズ紙が「#NoConditionsApply」を掲げ、400年前の伝統に挑戦した。既婚女性の額にあるシンドゥール(朱色の点)は、宗教的に縁起がいい。一方で、シンドゥールがあることが既婚と未婚という軸での差別につながっていた。そこで、すべての女性が額に朱色の点を2つ着け、シンドゥールをつけた女性のみが参加する祭りに参加。400年ぶりに、女性が差別されることなく祭りを祝福した。

【グランプリ・フォー・グッド】

GO GENTLE AUSTRALIA/ASSISTED DYING「STOP THE HORROR」(REVOLVER/WILL O’ROURKE+CUMMINS & PARTNERS)

病床に伏せる男性のフィクションに基づいた6分のムービー。視聴者は見るに堪えなくなった場合に「STOP THE HORROR」のボタンでやめることができるが、ほとんどの場合3分もたなかった。主人公の男性は「STOP THE HORROR」できなかったというメッセージと共に、クリック後には安楽死に関する法案への支持表明への誘導が表示される。

【ヘルスケア】

グランプリ
MONASH UNIVERSITY「SIP SAFE」(Y&R ANZ)

SIP SAFEは、飲み物をかけ、麻薬が含まれていないかを調べることができるリストバンド。若者がフェスなどのイベントでリストバンドを身につけることに注目して開発された。スポンサー企業のロゴ掲載することで広告として機能する。

日本企業が関連する受賞作品

シルバー
ロコモ チャレンジ!推進協議会/ロコモティブシンドローム「ロコモ チャレンジ!」(博報堂+ロコモ チャレンジ!推進協議会+ジェイ・ピーアール+オズマピーアール+AOI Pro.)

次ページ 「【イノベーション】」へ続く

Follow Us