Kōki,さん起用の広告が全国74の新聞に一斉に掲載―日本新聞協会

share

日本新聞協会は10月20日の「新聞広告の日」に先駆け、10月15日に全国的な統一キャンペーンを実施した。「#にほんをつなげ74」と題された本キャンペーンには、モデルの Kōki,さんが起用され、Kōki,さん登場の全面広告が、全国74の新聞に掲出された。


74種類の広告には、それぞれ異なる番号とひらがな1文字が書かれている。

74種類の広告には、それぞれ異なる番号とひらがな1文字が書かれている。

本キャンペーンには日本新聞協会に加盟する新聞社のうち74紙が参加。各紙に掲載された74種類の広告には、異なる番号とひらがな1文字が書かれており、74種類の広告を北から南に向けてつないでいくと、メッセージが浮かび上がる仕掛け。

浮かび上がるメッセージは、以下の通り。

わたしは まだしらない (私は、まだ知らない。 )
このくにのことや せかいのこと (この国のことや、世界のこと。)
しろう つよくなるために (知ろう、強くなるために。 )
しろう いっぽふみだすために (知ろう、一歩踏み出すために。)
しろう じゆうをまもるために (知ろう、自由を守るために。 )
しんぶんで みらいをひらこう (新聞で、未来をひらこう。)


新聞協会に加盟する新聞社のうち74社が参加をした。

新聞協会に加盟する新聞社のうち74社が参加をした。

新聞広告を見た人がSNSなどに投稿することで、メッセージが明らかになるというコミュニケーション設計を目指した。

Follow Us