会見で答えにくい質問にはキーメッセージを軸に回答

share

【前回の記事】「記者からの質問への答え方は記事に沿った「ニューススタイル」で」はこちら

危機管理&メディア対応 新・ハンドブック』の著者で、国内外でメディアトレーニングの講師を務めてきた山口明雄氏が、初心者のための「危機管理広報のいろは」を解説する。

Q.
記者会見中に、“答えを持っていない”または“答えにくい”質問をされることがあります。このような質問に対して、どのように対応したらいいでしょうか。

A.
求められているのがコメントの場合は、キーメッセージに基づいて回答しましょう。

メディアトレーニング中に必ず聞かれる質問がこれです。私は「状況を冷静に判断すれば問題なく対処できます」といつも答えています。

質問を受けた時にまず一番にすべきことは、回答内容が公にしても問題がない内容かどうかを判断すること。答えてはいけない質問であれば、「その質問にはお答えできません。なぜなら、個人情報守秘義務に反するからです」とか「発表に関して相手側の承諾をいただいていないからです」などと、答えられない理由を話します。

次ページ 「会見中に用意する努力も必要」へ続く

Follow Us