コラム

そのイノベーションが、未来社会の当たり前になる。

中川政七×坂井直樹 300年の老舗が見据える、ものづくりと事業のありかたとは?

share

コンセプターの坂井直樹さんが、今起きている社会の変化の中でも、少し先の未来で「スタンダード」となり得そうな出来事、従来の慣習を覆すような新しい価値観を探る対談コラム。今回は、中川政七商店の会長・中川政七さんとの対談です。創業300年の歴史がある麻織物の老舗で、日本初の工芸をベースにしたSPA業態を確立させ、各地の工芸メーカーの経営コンサルティングも行ってきた中川さん。工芸の未来や、継続する企業のビジョンについて語り合います。

左から中川政七さん、坂井直樹さん

工芸と工業が混じりあったところにある、心地よさ

坂井直樹さん

坂井:中川政七商店さんは、伝統のある会社ながら今もメディアで頻繁に取り上げられています。その理由はなんだと思われますか?

中川:かつては工芸メーカーのコンサルティング事業が注目されていたので、外からの見え方は、「立て直している会社」だったのですが、最近は、「ビジョンに基づく経営が上手く行っている会社」という視点で取材を受けることが増えました。

坂井:ビジョンドリブン経営ですか。

中川:はい。商品コンセプトや、ブランドコンセプトのエッジが効いていて、売れている企業でも、その上にある「会社のビジョンって何か?」といったら、生活者はもう思い出せないんです。よく読むとビジョンにいいことは書いてあるんですけれど、商品やブランドに結び付いていないことが多い。ビジョンとすべての事業がつながっていること。これはとても大切です。さらにはビジョンに立ち返ることで、いろんな事業アイデアも生まれてくるはずです。

会社のビジョンに必要なものは3つあります。1つ目はパッション。そもそもパッションがないとビジョンは生まれません。2つ目はロジック。ビジョンがあっても、事業につながるようにきれいに体系立っていないといけない。一方で商売だから、勝たなくてはいけません。ですから3つ目はストラテジーです。3つそろわないと、いいビジョンを掲げたところで、ワークしません。言っているだけで、やっていることが違う、という話になります。

おかげさまで僕らが事業を継続してこられた最大の理由は、「日本の工芸を元気にする!」というビジョンが定まっていることと、そこに向けて愚直にやって来たことだと思うんですね。逆にビジョンに繋がらないことは、基本的にはやりません。

坂井:中川さんのお店には暮らしに合わせてアップデートされた商品がいっぱいあると思いますけれど、工芸品って、いまだに国によって色とか形とか、共通するイメージもあるように思います。中国の工芸品だったら、赤とか金とか、龍みたいな文字しか出てこなくて、急にお土産屋っぽくなったりして。一方で、京都のようなエリアのブランドの展開もありますね。京野菜とか、京あめとか。何でも「京」をつけるのは、僕はインチキっぽい気がしてしょうがないのだけれど。

中川政七さん

中川:日本だと、京都や銀座のようなところは、場所としてのブランドイメージができあがっています。僕らは奈良なので、奈良と京都って並べられることが多いです、東京からは。ところが関西では、並べられることすらない。僕らは京都みたいになりたいわけではないですし、そもそも差が開きすぎているのです。京都はクローズドな文化で、お座敷のような秘めたることに対する良さがあると思います。対して、奈良は、都があった飛鳥時代のような頃から育ってきたおおらかでオープンな文化だったと思うんです。現在だけ見ていると、あまり感じとりにくいですけれど。奈良はオープンな文化を広げていけるといい。

坂井:京都に行くと、建物が建ちすぎて、ごみごみしているのが気になります。町家がカフェになったりして。街が壊れていく方向です。

中川:奈良も群で街がしっかり残っているというのは少なくて点在しています。

坂井:京都が開発されつくしてきた中で、中川さんのような奈良を象徴している会社が、注目を浴びるようになった印象を僕は抱いています。中川さんの会社を通して奈良を見ているようなところが、あるんじゃないかと。

中川:自分たちでは意識してないですが、「奈良発」を打ち出して、東京で商売しているところは、あまりないですから。

坂井:街を象徴する会社、というのは、古くからずっとあって変わらないことではなくて、大自然の中に、一部人工的なものが入ることによって親しみやすくなるリゾート地のように、手を加えながら、ということなのですが。タイ・プーケット島のホテル、アマンプリなんかもそうです。

中川:小さい規模でいうと、東洋文化研究家のアレックス・カーさんがされている、古民家再生の取り組みも、古くからあるものを活かそうとしています。

坂井:そうですね。古民家や旅館、カフェなんかが連結していくと街が面白くなるでしょうね、

中川:僕らが思ういい店、いい宿が増えて行くようになると、街らしさを形作っていくと思います。ただ、それにはまだまだ密度が足りない。

坂井:伝統とか工芸とかも、昔のままが素敵なのかといったら、そうでもないですからね。

中川:そう思います。何を残して何を変えるのか、その選択に正解はないと思うんです。自分がどちらの方を正しいと思うか。美しいと思うか。その価値観こそがブランドそのものであって、それが結果的に支持されるか支持されないかはあるにせよ、価値観に優劣はありません。ただ、僕みたいにそこに暮らしている人間が思う「いい店」が増えてくれたらもちろん嬉しいですし、それが結果、人を呼ぶことになるんじゃないかなと思います。自分たちの生活を起点に、どうやったら楽しい「いい街」になるかを考えてったら、結果、観光客がついてくると考えています。

坂井:プロダクトデザイナーの柳宗理さんは、民芸運動の指導者だったお父さんの影響で、民芸家具を作っていた時期があったと聞きます。民芸と工芸はすこし違うけれど、柳さんが活躍したころは、工業と工芸が入り混じった時代だったなと。

中川:入り混じったところに、未来のものづくりがあるのではないかとも思っています。先日、プロダクトデザイナーの鈴木啓太さんがデザインした「THE」のカトラリー(8月発売予定)見た時に、「工芸っぽい」と感じたんです。昔って当然、職人さんが手でカトラリーを作っているから、それらしい形がありましたが、工業としてつくるようになってから、板材をプレスで抜いたあと、ちょっと曲げたりしてカトラリーが作られるようになります。

だから、「板であること」に慣れすぎているのですけれど、鈴木さんのカトラリーは、板ではない。高精度な3Dプリンターを駆使してデザインを作っているから、技術進化の先にあるわけですが、出てきたものを見てみると、工芸っぽい。細かい仕上げは人手が入っています。一周回って、結果、人の手仕事に近づいている。工芸的なものづくりと工業的なものづくりが混ざって、心地良いと思えたんですよね。未来のものづくりを示唆しているような気がしました。鈴木さんの作品からは常にそういう香りがしますね。

坂井:新しい技術がなかったら、生み出されなかったものですね。プロダクトデザイナーのマーク・ニューソンが作った曲線の美しい木製の椅子で、板を折り曲げることで作ったものがあります。工芸的ですが、工業製品です。でも50年前にはできなかったはずなんです。彼のいたシドニーには、サーフボードのメーカーが結構多くて、メーカーが木を完璧に曲げて固定する技術を作って来たから独特の形の椅子が生まれました。

中川:まさにそういうことです。進化した技術によって、工芸的なものと工業的なものが混ざり合う。

坂井:クリエイターの側にも模索がありますね。古いものと新しいものを融合させて創っている人の割合はどのくらい?

中川:古いものをやっている人は、新しいものには興味を示しません。むしろ新しいものをやっている人が伝統を取り入れる、という方が多い。僕らは、工芸の現場を見て、この部分は割と機械化されている、ここはまだ人がやっているという濃淡を見るようにしています。

坂井:フランス人って日本の工芸みたいなものが好きですよね。

中川:当社のウェブメディア「さんち~工芸と探訪~」で連載してもらった、フランス人アーティストのフィリップ・ワイズベッカーさんには、郷土玩具のつくり手を訪ねて日本を回ってもらい、エッセイとイラストを描いてもらって本もつくったんです。日本は手仕事がまた残っている方だから面白いと言っていましたね。もちろん彼が郷土玩具を全部いいと言うかといえば、そうでもなくて、まったく興味がないものもある。結局、手仕事だからいいのではなくて、手仕事にいいものがあるということなんですよね。

次ページ 「14代社長は中川家以外の人に継いだ」へ続く

Follow Us