コラム

そのイノベーションが、未来社会の当たり前になる。

avatar

坂井直樹(コンセプター/ウォーターデザイン代表取締役)

1947年京都生まれ。京都市立芸術大学デザイン学科入学後、渡米し、68年Tattoo Companyを設立。刺青プリントのTシャツを発売し大当たりする。73年、帰国後にウォータースタジオを設立。87年、日産「Be-1」の開発に携わり、レトロフューチャーブームを創出。88年オリンパス「O-Product」を発表、95年、MoMAの企画展に招待出品され、その後永久保存となる。04年、ウォーターデザイン(旧 ウォーターデザインスコープ)を設立。05年au design projectからコンセプトモデル2機種を発表。08年~13年慶應義塾大学湘南藤沢キャンパス教授。著書に『デザインのたくらみ』『デザインの深読み』など。


このコラムについて

日常のなかに潜む「当たり前」や「慣習」を疑い、イノベーションを起こす人たちが、新たなスタンダードを作っています。本コラムでは、コンセプターの坂井直樹さんが、今起きている革新的な出来事、少し先の未来で定着しそうな新しい価値観について、対談を通じて掘り下げていきます。思考を凝り固まらせたくない人、未来を見据えて企画の方向性を考えたい人におすすめです。