東京2020公式アートポスター制作に、佐藤卓、大原大次郎、ホンマタカシらを起用

share

東京2020組織委員会は、「東京2020公式アートポスター・プロジェクト」において、公式アートポスターとなる作品を制作するアーティストを発表した。

公式アートポスターとは、国内外のアーティストにオリンピックまたはパラリンピックをテーマにしたアーティストの選定に際しては、建築家・田根剛氏、森美術館館長・南條史生氏、東京都現代美術館学芸員・藪前知子氏、デザインジャーナリスト・川上典李子氏らからなる「アーティスト選定委員会」と、本プロジェクトを管轄するオリンピック 文化遺産財団によって決定した。

オリンピックをテーマとする作品の制作者は、国内・海外あわせて11人。

言葉や文字の知覚を探るプロジェクトを多数展開するグラフィックデザイナー 大原大次郎氏、NHK教育テレビ「デザインあ」総合ディレクション、「明治おいしい牛乳」などの商品デザイン、「ISSEY MIYAKE PLEATS PLEASE」グラフィックデザインで知られるグラフィックデザイナー 佐藤卓氏、東京2020エンブレムをデザインした美術家 野老朝雄氏、写真家 ホンマタカシ氏他、シンガポールを拠点とし、アジアを代表するアートディレクター テセウス・チャン氏、虎屋のパッケージやJR東日本の広告にも起用されたアーティスト フィリップ・ワイズベッカー氏らが選出されている。

パラリンピックをテーマとする作品の制作者は、8人。『ジョジョの奇妙な冒険』で知られる漫画家 荒木飛呂彦氏、浅葉球氏、飯高健人氏、石井伶氏によるグラフィックデザイナーチームGOO CHOKI PARなどが選出されている。

浦沢直樹

大竹伸朗

大原大次郎

金澤翔子 (C)sho

佐藤卓

ホンマタカシ

テセウス・チャン

フィリップ・ワイズベッカー

GOO CHOKI PAR

新木友行

山口晃 Photo: Yohei Sogabe

公式アートポスターは、20世紀初頭からオリンピックというスポーツ・文化イベントへの認知と理解を促進するために各大会で制作されているもの。近年では、パラリンピックのポスターも含め、国際的に活躍するアーティストやデザイナーを起用し、各大会の文化的・芸術的レガシーとなる作品を制作している。

※オリンピックをテーマとする作品の制作者
浦沢直樹 漫画家
大竹伸朗 画家
大原大次郎 グラフィックデザイナー
金澤翔子 書家
鴻池朋子 アーティスト
佐藤卓 グラフィックデザイナー
野老朝雄 美術家
ホンマタカシ 写真家

テセウス・チャン アートディレクター
ヴィヴィアン・サッセン 写真家
フィリップ・ワイズベッカー アーティスト

※パラリンピックをテーマとする作品の制作者
荒木飛呂彦 漫画家
柿沼康二 書家
GOO CHOKI PAR グラフィックデザイナー
新木友行 アーティスト
野老朝雄 美術家
蜷川実花 写真家・映画監督
森千裕 美術家
山口晃 画家

Follow Us