ケンシロウとドロンジョが登場、全国84紙合同で展開「ぺちゃくちゃ新聞広告」

share

10月15日から始まる「新聞週間」に先立ち、日本新聞協会は協会加盟の84紙が参加する新聞広告統一PRキャンペーン「#ぺちゃくちゃ新聞広告」を実施した。

「#ぺちゃくちゃ新聞広告」とは、新聞広告を通じて、読者が伝えたいことを人気漫画・アニメのキャラクターに代弁してもらうという企画。10月12日付の新聞には「北斗の拳」のケンシロウが、同14日付の新聞には「タイムボカンシリーズ ヤッターマン」のドロンジョを起用した新聞広告が掲出された。

新聞広告に掲載されるキャラクターの口には二次元コードが表示されており、スマートフォンを使ってコードを読み取ると動画が再生され、動画内でキャラクターが話し出すという仕組み。さらに、ハッシュタグ「#ぺちゃくちゃ新聞広告」を付けてTwitterに投稿すると、抽選で選ばれた人の投稿内容を2名のキャラクターが話す動画が配信される。現在公式Twitteerや公式Webサイトでは、その動画を見ることができる。

またキャラクターの声はケンシロウを神谷明さんが、ドロンジョを喜多村英梨さんが担当した。

本キャンペーンは電通と博報堂が共同で企画。クリエイティブディレクターは電通 エグゼクティブ・クリエーティブ・ディレクターの澤本嘉光氏と博報堂ケトル 取締役/クリエイティブディレクターの嶋浩一郎氏の2名が務めた。

©武論尊・原哲夫/NSP 1983

©タツノコプロ
企画制作
電通+博報堂ケトル+博報堂+電通アイソバー+northshore Inc.+クラフター+クラフタースタジオ
CD
澤本嘉光(電通)、嶋浩一郎(博報堂ケトル)
企画
宮地成太郎(電通)、笹原与法立(博報堂ケトル)、小野寺正人(博報堂ケトル)
AD
窪田新(電通)
C
井手康喬(博報堂)、今井容子(博報堂)
D
箱崎正敏(northshore Inc.)、長江佳美(northshore Inc.)、下田翔平(northshore Inc.)
PR
和田耕司(電通)、石井朋彦(クラフター)、宗兼章祥(northshore Inc.)
PM
大塲さえ(クラフタースタジオ)、井口絢加(northshore Inc.)
音響監督
大塚隆史
ミキサー
鈴木修二
PRG
川島英憲(クラフタースタジオ)、正木健太郎(クラフタースタジオ)
アニメーター
河野紘一郎(クラフタースタジオ)
フォトグラファー
八木トキオ(CLIMBERS inc.)
レタッチ
藤原靖晃(northshore Inc.)
プリンティングディクター
太田正穂(日庄)
プロジェクトマネジャー
金井美智子(電通アイソバー)
シニアコミュニティディレクター
橋本美希(電通アイソバー)
コミュニティデザイナー
崔廷銀(電通アイソバー)、川井宏美(電通アイソバー)
WEBディレクター
北薗和貴(northshore Inc.)
フロントエンドエンジニア
小谷光司(northshore Inc.)
バックエンドエンジニア
深澤勝(northshore Inc.)
WEBデザイナー
芦田開子(northshore Inc.)
AE
松田仰(博報堂DYメディアパートナーズ)、白石英一(電通)、庄司圭吾(電通)

ecd:エグゼクティブクリエイティブディレクター/cd:クリエイティブディレクター/ad:アートディレクター/企画:プランナー/c:コピーライター/d:デザイナー/演出:ディレクター/td:テクニカルディレクター/flash:flash制作/me:マークアップ・エンジニア/pgr:プログラマー/epr:エグゼクティブプロデューサー/pr:プロデューサー/pm:プロダクションマネージャー/ap:アカウントプランナー/ma:録音/st:スタイリスト/hm:ヘアメイク/crd:コーディネーター/i:イラストレーター/cas:キャスティング/ae:アカウントエグゼクティブ(営業)/na:ナレーター

Follow Us