MightyHive データ活用の戦略と手法を提供しクライアントの成長を支援【NY視察研修2019レポート】

share

宣伝会議では、2019年9月22日から8日間の日程で、米・ニューヨーク視察研修「Business Creation Lab. 2019 in New York」を開催。視察では、世界最大級のマーケティングカンファレンス「Advertising Week NY」への参加のほか、米国の第一線のマーケティング・広告・テクノロジー企業など6社の視察とディスカッションを行った。本レポートでは、視察から見えた世界最先端の広告・メディアビジネスのトレンドを紹介する。

※本記事では、同内容を日本語と英語で掲載しています。

Martin Sorrell氏が設立したS4キャピタルのなかで、デジタルマーケティングのコンサルティングファームとして位置しているMightyHive。テクノロジーを活用したメディアオペレーションやデータアナリティクスなどを提供する同社が考えるこれからのデータの定義について、Christopher S. Martin氏(COO)、松崎亮氏 (Senior Director)に聞いた。

Christopher S. Martin氏(COO)。

S4キャピタルは、広告主のためにより良いマーケティングのプラットフォームを築き上げるというミッションを掲げています。我々のビジネスの柱は、メディア、データ、コンテンツの3本です。将来、広告主はこれらにフォーカスし、活用することで、消費者と広告のタッチポイントを効率よく増やすことができると考えています。

その中でMightyHiveは、エージェンシーではなく、デジタルファーストのコンサルタントとして、クライアントに寄り添っています。サービスとしては、メディア、クラウド、データサイエンス、アナリティクス、クリエイティブ、トレーニングの6つを提供しています。需要としては、メディアサービスが多いですが、重要なのは、いかに次のアクションにつなげるかということです。DSPなどを使ってもよいですが、「何のために使うのか」ということを現実的視点でコンサルできるかを大事にしています。

また、いま私たちは、消費者に対して1対1のメッセージを届ける可能性を広げていこうと試みています。これは、サードパーティーデータではなく、エージェンシーに依存しない、ブランドに寄り添ったものにしていきたいと思っています。なぜなら、消費者と対話をする際に、その対話の内容をブランド側が獲得すべきだからです。そして、対話の中からデータを集め、誰にどの広告でどのようにアプローチするかをクライアント自身が判断できるようになる。そうすることで、消費者とより近い関係でコミュニケーションを図ることができ、第三者に頼らない運用ができるようになります。

松崎亮氏(Senior Director)。

いま、データ取得には制限が出てきています。その際に重要なポイントになっているのが、それはファーストパーティーデータなのかということです。この定義に必要なこととして、所有と同意があると考えています。例えば、顧客への商品の販売を通じて直接得た個人情報。取得時に同意も得ていればファーストパーティーデータであり、自社で所有するデータといえると思います。しかし、サードパーティーから買ったデータを、所有しているデータと付け合わせて顧客の情報を詳細なものにしたとき、これは顧客から直接同意を得て取ったデータではありません。つまり同意も所有権もないデータとなります。このように、一括りにファーストパーティーデータと解釈して扱うのではなく、同意済のデータ、オーディエンスデータ、買い付けされたデータなど、より詳細に分けて使っていくべきであるという流れがあるのです。

このファーストパーティーデータの定義というのはこれから先も重要な視点になると思います。顧客が同意していて利用してよいデータを環境に適した形で使っていく方法を考えていくことが求められるでしょう。

MightyHive Supports the client grow by providing the data utilization strategy and method

Within S4 Capital which Mr. Martin Sorrell established, MightyHive is positioned as a consulting firm for the digital marketing. We interviewed Mr. Christopher S. Martin (COO) and Mr. Ryo Matsuzaki (Senior Director) for the future definition of data which is defined by MightyHive which provides media operations and data analytics utilizing technologies.

S4 Capital is upholding the mission to build better marketing platforms for advertisers. Three pillars for our business are Media, Data, and Contents. We believe that the touch points of consumers and advertisers can be increased efficiently if the advertiser focuses and utilizes these three pillars in the future.

In such situation, MightyHive is working closely with clients as a consultant for the digital first instead of as an agency. We provide six kinds of services including media, cloud, data science, analytics, creative, and training. The media service is the most demanded service. However, what important is how to link to the next action. Using DSP is also available; however, we value in providing the consultation with a realistic approach of “the reason to use DSP.”
In addition, currently we are trying to expand the possibility to deliver 1:1 messages to each consumer. It means that we want the messages to be closer to the brand without depending on the agency, and not the third party data. This is because it is important that the brand acquires the contents of the conversations with the consumers. The brand collects data from the conversations and becomes available to independently judge which advertisement is used to who and how to approach. Thus, the brand can communicate closely with consumers and then can operate the marketing without depending on a third party.

In these days, restrictions are applied for acquiring data. What matters at that time is whether or not the data is the first-party data. The definition of the first-party data is that the data have an ownership and a consent. For example, the personal data directly acquired through selling a product to the customer. If a consent is obtained at the time of data acquisition, it can be called the first-party data which is owned by the brand. However, if some data were bought from a third party and added to original data to make detailed customer data, the data becomes the one without a direct consent from the customer. It means the data is without consent nor ownership. This is a social trend that the data should be handled in more detailed way such as by distinguishing between data with consent, audience data, purchased data, etc. instead of handling all data as the first-party data.

The definition of the first-party data will be the important point of view in the future as well. It will be required to think how to use the usable data with the customer’s consent in a way which is suitable to the surrounding situations.

次回の視察告知
2020年度の本視察研修は10月4日(日)から10月11日(日)に開催予定です。最新情報は、Webサイト、またはメール(global-educ@sendenkaigi.co.jp)までお問い合わせください。

Follow Us