秋田米の新品種がネーミング案を募集

share

秋田県は4月7日、2022年から市場販売を予定している秋田米の新品種「秋系821」のネーミング案の募集を開始した。

「秋系821」の商品コンセプトは、「秋田の地力がいつもの食卓を上質にかえる。日本人のDNAに響くおいしいお米。」。ネーミング案はひらがな、カタカナ、漢字、数字、ローマ字いずれも使用可能。数字のみの名称は不可としている。一人何点でも応募可能。

最優秀賞には賞金100万円と新品種米30kgが贈られるほか、優秀賞、審査員特別賞、秋系821賞が用意されている。

募集期間は5月17日まで。秋田県が審査・選考を行い、今年11月に秋田米Webサイト「ごはんのふるさと秋田へ」などで発表予定。

Follow Us