2020年度ACCグランプリに、「Netflix 人間まるだし。」「緑の伊右衛門」「オリィ研究所」「ゼスプリ」「『感電』MV」など9作品

share

ACC(All Japan Confederation of Creativity)は10月28、29日に開催したオンラインイベント「TOKYO CREATIVE CROSSING」にて、「2020 60th ACC TOKYO CREATIVITY AWARDS」における総務大臣賞/ACCグランプリ他、各賞を発表した。

2日にわたって行われたイベントでは、ACC賞の全部門・全カテゴリーのブロンズ、シルバー、ゴールド、グランプリを、各部門の審査委員が発表した。なお、ACC賞マーケティング・エフェクティブネス部門、クリエイティブイノベーション部門は、ファイナリスト進出チームによるプレゼンテーション・審査会をこの場でリアルタイムに実施したうえでの発表となった。

本年度新設されたデザイン部門を含め全7部門への応募総数は、2431本。各部門の審査会は8月下旬~10月下旬にかけて実施され、さまざまな業界の第一線で活躍するクリエイターや有識者、著名人など延べ103名の審査委員が審査にあたった。その中から、最高賞である「総務大臣賞/ACCグランプリ」に9作品が選ばれた。

クリエイティブイノベーション部門とデザイン部門では、オリィ研究所の「分身ロボットカフェ DAWN ver.β」がACCグランプリをダブル受賞。ブランデッド・コミュニケーション部門A(デジタル・エクスペリエンス)「記事から株が買える投資サービス・日興フロッギー」とメディアクリエイティブ部門「『感電』MV YouTube公開企画〔 STRAY SHEEP CODE 〕」で、SIXがACCグランプリをダブル受賞という結果となった。
ブランデッド・コミュニケーション部門CカテゴリーではACCグランプリ該当作はなかったが、オリックス不動産 すみだ水族館「緊急開催!チンアナゴ顔見せ祭り!」に特別賞が授与された。

なお、「ACC TOKYO CREATIVITY AWARDS」特設サイトにて、2020年12月末までの期間限定で入賞作品に関連する映像や音声等の視聴が可能だ。毎年全国で開催していた「ACC TOKYO CREATIVITY AWARDS 入賞作品発表会」は、新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から、すべて中止する。
「総務大臣賞/ACCグランプリ」受賞作品は、以下の通り。

2020 60th ACC TOKYO CREATIVITY AWARDS
総務大臣賞/ACCグランプリ 9作品

●フィルム部門(審査委員長:多田琢)

・Aカテゴリー(テレビCM)
広告主:NETFLIX
商品名:NETFLIX
題名:Netflix 人間まるだし。
秒数:60
広告会社:電通
制作会社:ピクス

 

・Bカテゴリー(Online Film)
広告主:日清食品
商品名:日清旅するエスニック
題名:匂わせたい
秒数:88
広告会社:電通
制作会社:DASH

 

●ラジオ&オーディオ広告部門(審査委員長:井村光明)

広告主:パナソニック
商品名:ロボット掃除機ルーロ
題名:「学習するチカラ」篇
秒数:90
広告会社:大広
制作会社:大広WEDO/エイトビート

 

●マーケティング・エフェクティブネス部門(審査委員長:鈴木あき子)

広告主:サントリーホールディングス
商品名:伊右衛門
キャンペーン名:緑の伊右衛門
広告会社:博報堂/HAKUHODO DESIGN/ハッピーアワーズ博報堂
制作会社:東北新社/WHITE

 

●ブランデッド・コミュニケーション部門(審査委員長:菅野薫)

・Aカテゴリー(デジタル・エクスペリエンス)
広告主:SMBC日興証券
商品名:日興フロッギー
題名:記事から株が買える投資サービス・日興フロッギー
広告会社:SIX
制作会社:THE GUILD/note/STOKE/博報堂プロダクツ/KAFUL/ファンタラクティブ/白組/ライツアパートメント/夢の稗田

 

・Bカテゴリー(プロモーション/アクティベーション)
広告主:ゼスプリ インターナショナル ジャパン
商品名:ゼスプリキウイフルーツ
題名:BRAND RELAUNCH PROJECT
広告会社:電通
制作会社:プラグ/AOI Pro.

 

・Cカテゴリー(PR)
該当なし

●デザイン部門 ※2020年度新設(審査委員長:永井一史)

広告主:オリィ研究所
商品名:OriHime/OriHime-D
題名:分身ロボットカフェ DAWN ver.β
広告会社:ADKクリエイティブ・ワン/ADKマーケティング・ソリューションズ
制作会社:サニーサイドアップ/ZYX INTERNATIONAL

●クリエイティブイノベーション部門(審査委員長:米澤香子)

タイトル:分身ロボットカフェ DAWN ver.β
カテゴリー:プロダクト&サービス
応募団体:ADKクリエイティブ・ワン/ADKマーケティング・ソリューションズ/オリィ研究所/サニーサイドアップ/ZYX INTERNATIONAL

 

●メディアクリエイティブ部門(審査委員長:箭内道彦)

媒体社:Google(YouTube)
エントリータイトル:『感電』MV YouTube公開企画〔STRAY SHEEP CODE〕
広告主:ソニー・ミュージックレーベルズ/REISSUE RECORDS
広告会社:SIX

 

Follow Us