コラム

澤本・権八のすぐに終わりますから。アドタイ出張所

「とにかく、変なことばっかり起きるドラマ」って言われた時に、自分の中でしっくりきた(ゲスト:鈴木おさむ)【前編】

share

【前回コラム】「3人は全体を見れる優秀なプランナー、芸能界で言えば出川哲朗さん(ゲスト:松村邦洋)【後編】」はこちら

今週のゲストは、放送作家の鈴木おさむさん。コロナ禍での発想の転換と、テレビドラマ『M 愛すべき人がいて』で世間をザワつかせた手腕について存分に語っていただきました。

今回の登場人物紹介

放送作家の鈴木おさむさん。

※本記事は6月14日放送分の内容をダイジェスト収録したものです。

木村拓哉、ホリエモン、貴乃花……1972年生まれはみんな肉食系!?

澤本:皆さんこんばんは、CMプランナーの澤本です。

権八:こんばんは、CMプランナーの権八です。

中村:こんばんは、WEB野郎こと中村ヒロキです。『すぐおわ』はリモート収録でお送りしています。皆さんはリモートでの広告仕事の調子はどうですか?

澤本:僕は今、「連」にいるんですよ。

権八:「連」ね!元「シンガタ」。佐々木(宏)さんのいる……。どうせ佐々木さんが呼び出したんですよね?

澤本:そう。

権八:リモートじゃなくて集まった方が、物事が進むってことないですか?

澤本:うん、すごく分かる。

権八:ですよね。

澤本:そういうことを言うと、なんか時代遅れな人みたいだけど……。

権八:ヒロキくんなんかはどう?リモートは慣れているもんね。コロナ前からリモートでやったから。

中村:WEB野郎中村は、リモートも大好きですけど……。でもやっぱりリアルの良さってありますよね。みんながどんどん発言して、「お疲れっした!」って終わって、結果何も整理されてないじゃん!みたいな(笑)。

権八:みんながわーって出したアイデアとかをまとめたりする時は、やっぱり集まったほうがいいよね。

中村:そうですね。

権八:そのあたりの最近の働き方のこととかも、今日のゲストの方に伺いたいですねー。

中村:お待たせしました。今話題のドラマ『M 愛すべき人がいて』(2020年4月期、テレビ朝日)の脚本を書いた放送作家、鈴木おさむさんを今日はお呼びしております。よろしくお願いします!

鈴木:よろしくお願いします。はじめまして、鈴木おさむです。

中村:今回は権八さんのリクエストで実現しましたけど、澤本さん、権八さんと面識はありますか?

鈴木:権八さんとは、SMAPの仕事を通してすれ違いがたくさんあったんですけど……。

権八:そうですねー。

鈴木:「新しい地図」のアベマの番組で、初めてちゃんとご一緒させていただいた、というところでしょうか。

権八:そうですね。2017年の『72時間ホンネテレビ』(AbemaTV)の時……。

鈴木:そうですね。激動の……あの番組で。

権八:すごく大変でしたけど、面白かったです。

鈴木:面白かったですね。ちゃんとお会いしてお話ししたのはあの時が初めてでしたね。

権八:僕は勝手に、ずっと近くにいる感じがしていたんですけど……(笑)。

鈴木:そうなんですよね。意外とSMAP周りの仕事の人って、セクションごとに分かれていたじゃないですか!?

権八:そうですねー。

鈴木:CM、バラエティー、ドラマ、音楽……って分かれていて。意外と交流がなかったですよね。

権八:なかったですねー。

鈴木:お互いに知っていて、ずっと会ってなかった親戚の人に会った感じです。

権八:(笑)。ありがとうございます。澤本さんは、ご面識はあるんですか?

澤本:もちろん一方的に存じ上げているけど、初めましてです。

鈴木:初めまして。

権八:意外だなぁ。

中村:では、早速毎回ゲストにお願いしている「20秒自己紹介」をお願いできればと思います。この『すぐおわ』は広告の番組でございますので、ご自身の自己紹介をラジオCMの尺、20秒に合わせてやってください、というやや無茶ぶりなお願いでございます。

鈴木:はい、分かりました!

中村:シンプル!ありがとうございます。ではどうぞ!

鈴木:はい、放送作家の鈴木おさむと申します。1972年生まれ、昭和47年です。第二次ベビーブーム、同学年は中居正広、木村拓哉、マツコ・デラックス、蜷川実花、ホリエモン、貴乃花そしてアンジャッシュ・渡部建。そんな世代の肉食系の人間でーす!

中村:完璧!

権八:完璧でしたね!その世代が特別、肉食系の世代なわけじゃないですよね?(笑)

鈴木:肉食系というか……、共通点ありません?

中村:エネルギッシュですよね。

鈴木:エネルギッシュなんですよねー。あの新海誠監督も同学年。

澤本権八中村:へえーー!

鈴木:そうなんですよ。何か変わった人というか……エネルギッシュな人多くて。

権八:大豊作ですね、その年(笑)。

鈴木:だからすごく同学年意識が強いんですよね、僕らは。

次ページ 「家族が濃厚接触者に……そのときおさむさんは?」へ続く

Follow Us