オンライン広告の店舗での購買促進効果を可視化。フェズが新広告サービス開始

share

小売店舗の販促支援を手がけるリテールテック企業のフェズは3月17日、店舗での購買や来店につながったかを検証できる広告サービス「Urumo Ads」を提供開始したと発表した。連携先の小売の購買データや位置情報データと紐づけることで、オンライン広告の接触者がオフラインである店舗に実際に訪れたか、また商品を購入したのかが分かる。

データの連携による「OMO(オンラインとオフラインの融合)」の実現を掲げて昨年立ち上げたプラットフォーム「Urumo OMO」のサービスの一環。店頭での購買促進効果を可視化することで、広告の効果検証と次回施策への改善を継続的に行うことができるとしている。

広告配信先は、主要動画メディアやSNS、専門メディアなど。具体的には、広告接触者の購買率と来店率、広告施策の売上貢献度、クリエイティブ別の購買・来店効果などのレポートを受けることができる。広告出稿の精度を高めたい消費財メーカーのマーケティング・宣伝部門の導入を見込む。

広告接触者がオフラインでの来店・購買につながったかを可視化することで、次の施策の改善を図ることができる。

Follow Us