トライバルメディアハウスがネットイヤーグループ保有の株式を譲渡

share

トライバルメディアハウスは4月2日、同社・代表取締役社長である池田紀行氏、デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム、クオラス、i-nest1号投資事業有限責任組合、みずほキャピタル、HAKUHODO DY FUTURE DESIGN FUND、三菱UFJキャピタルに対して、ネットイヤーグループが保有するトライバルメディアハウスの株式すべてを譲渡したと発表した。

今回の株式譲渡により、トライバルメディアハウスは独立した経営体制となる。今後は出資企業・ファンドと連携し、同社のソーシャルメディアおよびデジタルマーケティングに関わるノウハウを用いて、広告主と生活者の日常がより豊かで持続可能なものとなるマーケティングサービスの提供を目指していきたいとしている。

Follow Us