コラム

世界の小売から。 オランダ在住クリエイティブディレクターと仲間たちが見つけた、小売の現場の消費トレンド

フランスの小売から見えたヒント ——「非計画購買」を拡大させる視点

share

3:フランスの有名スーパー、モノプリVSカルフール

フランスがお好きな方は、「モノプリ(Monoprix)」をよくご存知かもしれません。プライベートブランドのお菓子やエコバッグのデザインも可愛く、手頃なお土産の購入場所としてガイドブックにも掲載されています。

ただ、旅のお土産にはお手頃でも、普段使いとしては高め価格というのがフランスでの評価。パリの中でも、観光地や高級住宅街など割といい場所に出店しているイメージです。

一方、お財布にやさしいスーパーとされるのが「カルフール(Carrefour)」。一時期は売上高で世界3位にもランクインした、フランスが世界に誇る流通グループです。2000年代初めには日本でも事業展開していました。

都市部を中心に展開するモノプリ(左)、郊外の大型店舗に重点を置くカルフール(右)

モノプリとカルフールの大きな違いは店舗の規模。市中向けの小中型店舗もありますが、カルフールの真髄は“スーパー”を超える“ハイパー”マーケットにあります。

私自身、初めて郊外のハイパーマケットに行った時は、ワインコーナーだけでも体育館くらいある広さ(あくまで個人の体感です!)に度肝を抜かれました。こうした超大型の総合スーパーを構想したのはカルフールが世界初とされており、今ではヨーロッパを代表する小売業態の地位を確立しています。

ちなみに、庶民的な価格とされるカルフールの大株主が、ルイヴィトンなどで知られるLVMHグループのCEOと高級百貨店であるギャラリー・ラファイエットのオーナー一族であるのは豆知識として挙げておきます。

次ページ 「4:揺れ動くEC業界、モノプリ・アマゾンVSカルフール・グーグル」へ続く

Follow Us