コラム

世界の小売から。 オランダ在住クリエイティブディレクターと仲間たちが見つけた、小売の現場の消費トレンド

フランスの小売から見えたヒント ——「非計画購買」を拡大させる視点

share

7:買い物をしよう、街へ出よう

フランス語では、日用品を買う時と服などの嗜好品を買う時の言い方を明確に区別します。前者は「faire des courses」、後者は「faire du shopping」といい、「shopping(ショッピング)」という単語はちょっと特別な買い物として使います。

マルシェについて教えてくれたマダム曰く、「【faire du shopping】する時は、モノを買うだけが目的じゃないの。新しいお店をチェックしたり、試着してみたり、友達とショーウインドウを見ながら歩くのを楽しむだけでもいい。ショッピングはレクリエーション、娯楽なのよ」とのこと。

たしかに、パリの街は歩くだけでもショッピングを楽しめるような気分になります。パリの建築様式の構造上、基本的には1階が商店、2階以上が居住スペースと均一化されているため、ショーウインドウはお店の命。通りを歩く人の気を引こうとディスプレイにも力が入っています。

高級百貨店ラファイエット、長いショーウインドウが歩く人を楽しませる

フランスの買い物事情を考察すると、日用品を買うにしても、ちょっといいショッピングをするにしても、歩いて、見て、手に取って、ダイレクトなコミュニケーションをとても大事にしているといえます。

フランス語では市場を表す「マルシェ(marché)」と、動詞の「歩く」を意味する「マルシェ(marcher)」は同じ発音。買い物とは歩くこと。街へ出て歩いて楽しむこと。ネットでなんでも買える便利な時代になっても、フランスの伝統的な買い物文化はまだまだ続くように感じます。

次ページ 「フランスの小売から「OMO時代の歩き方」が見えてきた」へ続く

Follow Us