FCC賞2021が発表、最高賞は「いのち、むきだし。奄美大島」シリーズ

share

福岡コピーライターズクラブ(FCC)は4月9日、優れた広告作品を称える「FCC賞2021」の受賞作発表会を開催した。今年も昨年に続き、YouTubeでライブ配信を実施した。

今年の審査方針は昨年と同じく、FCC代表 北川譲氏の打ち出した「一撃。」。対象は2021年2月1日から2022年1月31日までに掲載ならびに放送された広告作品で、ムービー152点、グラフィック109点、ラジオCM52点、デジタル20点、混合部門26点の計359点が集まった。

【参考】FCC賞2021が作品募集中、応募は2月6日まで

その中から選ばれた最高賞は、奄美大島自然保護協議会「いのち、むきだし。奄美大島」。奄美大島の世界自然遺産の魅力を伝えるために実施されたプロモーション施策名でもあり、九州博報堂 久冨和寿氏がコピーを手がけた。

 
北川氏は本作について「10年先にも耐えることができ、なんでも背負うことができそうな太い言葉。僕もこのコピーを最高賞候補に入れていたので納得です」とコメントしている。

【関連記事(月刊『ブレーン』2022年2月号掲載)】
奄美大島から生物多様性を守るツーリズムを発信

また、受賞作発表会の視聴者の投票により選出される「視聴者賞」は、グラフィック部門のワイドレジャー「ラクイチ遊び大学シリーズ広告」、ムービー部門の生活協同組合連合会グリーンコープ連合「グリーンコープおねがい」シリーズの2作品が受賞した。

最高賞、視聴者賞、ゲスト審査員の電通 zero 栗田雅俊氏含む審査員特別賞は以下の通り。このほか、FCC賞29作品が選出されている。
 
FCC最高賞
奄美大島自然保護協議会「いのち、むきだし。奄美大島」(混合部門)
九州博報堂/久冨和寿、岡本和久
 
視聴者賞
ワイドレジャー「ラクイチ遊び大学シリーズ広告」(グラフィック部門)
九州博報堂/松嶋崇和、久冨和寿、郡洋一

 
生活協同組合連合会グリーンコープ連合「グリーンコープおねがい」シリーズ(ムービー部門)
BBDO J WEST/森下浩子

 
栗⽥雅俊賞
マツシマメジャテック「流されない電波式水位計『覚悟』」篇(ムービー部門)
BBDO J WEST/平田純一
 
今井美緒賞
祐徳薬品工業「カットバン60周年キャンペーン」シリーズ(グラフィック部門)
九州博報堂/岩切千穂、南摩耶
 
北川譲賞
富山ダイハツ販売「リアクションクイズ」シリーズ(ラジオ部門)
電通西日本/細田哲宏
 
永野弥⽣賞
How are you「まだ無名の青汁」シリーズ(混合部門)
ハレム/岡田賢、上薗拓郎
 
久冨和寿賞
生活協同組合連合会グリーンコープ連合「グリーンコープおねがい」シリーズ(ムービー部門)
BBDO J WEST/森下浩子
 
左俊幸賞
南島原市「突撃!南島原情報局【神回】」(ムービー部門)
デジマグラフ/村川マルチノ佑子、渋江修平
 
古屋彰⼀賞
京都きもの友禅「ハタチの心へ(成人の日お祝いメッセージ)」(グラフィック部門)
CHERRY/片岡良子
 
松⽥正志賞
奈良新聞「2021年、日本」(グラフィック部門)
テー・オー・ダブリュー/徳山彰一、久野直人
 
和久⽥昌裕賞
三菱地所プロパティマネジメント/都心界・We Love 天神協議会「共同プロジェクトチーム」 「おしまイムズ THE LAST SHOW/ありがとう おしまイムズ」(混合部門)
KOO-KI/小澤利男、岡田賢
 
受賞作発表会の様子は、下記より視聴可能。


Follow Us