コラム

編集者の「返信」の極意

フィードバックの極意についてのコラムが始まります!

share

編集者のフィードバックの極意についてのコラムが始まります!

出版界において作家や漫画家など、つくり手の想いを最初に受けとるのが、編集者です。つくり手の頭の中にしかないゴールイメージを共有しつつ、適切なサジェスチョンで、作品世界をさらに魅力的なものへと昇華させていくのが編集者の役割。

創作活動にはモチベーションが不可欠、ときに不安な気持ちに陥ることもあるクリエイターに対して、
どのようなフィードバック、つまりは「返信」を行っているのでしょうか。

第1回は、ダイヤモンド社の今野良介さんに話を伺いました。
ちょうどいい距離感を見極めること。―今野良介さんの返信術


Follow Us