メニュー表示と異なる食材 F&L子会社が返金対応へ

share

回転寿司チェーン「スシロー」などを運営するFOOD & LIFE COMPANIESは7月11日、子会社で飲食店運営の「京樽」で、メニュー表示と実際に使っていた食材に相違があったと発表した。8月8日まで返金に応じる。

メニューと食材が異なっていたのは「押鮨 ばってら6貫(ランチ)」で、一部の「京樽」店舗でデリバリー販売していたもの。価格は税込み900円。返金の対象となるのは、デリバリーサービス「Uber Eats」か「出前館」で1月21日から6月28日に購入した人。返金には、印刷した明細付きの領収書が必要。「menuデリバリーサービス」での購入者には、同サービスを通じて返金対応する。

FOOD & LIFE COMPANIESはテレビCMなどで宣伝した商品を店舗で販売しておらず、景品表示法に違反していたとして、6月9日付で消費者庁から措置命令を受けている。7月8日には、販売体制の見直しや、欠品が出た際に広告を掲載中止・変更できるよう、情報共有を徹底するといった対策を発表した。

また、7月から3カ月間、水留浩一・代表取締役社長CEOは月額報酬の30%、景表法違反があった当時に代表取締役社長を務めていた堀江陽・常務執行役員は20%、コミュニケー>ション企画管掌の福山知子・執行役員は10%を返上する。


 

Follow Us