ディズニーとJFAが新プロジェクト始動 澤穂希氏がキャプテンに

share

ウォルト・ディズニー・ジャパンと日本サッカー協会は7月7日、女子サッカーの新プロジェクト「JFA Magical Field Inspired by Disney」を発足し、発表会を実施した。

プロジェクトのコンセプトは、「たった一歩で、世界は広がる」。サッカーを通じて、子どもから、大人まで、すべての女性の新たに踏み出す一歩を応援する。

両社は、新プロジェクトを通じて、自分自身にとっての挑戦や新しい世界へ踏み出す一歩目を応援し、それぞれの個性を尊重し、さらに魅力を発揮していくようなメッセージを伝えていくという。

新プロジェクトのキックオフとして、ディズニープリンセスを起用し、この夏から小学生サッカー未経験者を対象とし、誰でもサッカーを楽しめる「JFAファミリーサッカーフェスティバル”First Touch”」を7月16日から全国7か所で開催する。

発表会では、日本サッカー協会 田嶋幸三氏、ウォルト・ディズニー・カンパニーの井原多美氏によるプレゼンテーションが行われ、両社の想いが語られた後、プロジェクトのキャプテンである澤穂希氏も登場し、「すべての女性が新たに挑戦することや、そのために勇気を持つための後押しができれば幸いです」と語った。その後、ゲストとして、日向坂46の影山優佳さんも登場し、澤氏とのトークセッションが行われた。

左から、ウォルト・ディズニー・ジャパン コンシューマ・プロダクツ DTCリテール バイスプレジデント&ゼネラルマネージャー 井原多美氏、澤穂希氏、日本サッカー協会 会長 田嶋幸三氏。

アイドル界のサッカー通である日向坂46の影山優佳さん。

 

最後には、オリジナルユニフォームを着た子どもたちと共に、サッカー体験も行った。

今回のプロジェクトのためだけにつくられたオリジナルTシャツのバックプリントには、それぞれ異なるディズニープリンセスがデザインされている。


Follow Us