大広が関西のZ世代の価値観とホンネを探るラジオ番組開始

share

大広は7月31日から、博報堂DYメディアパートナーズ、京都放送とともに関西に住むZ世代の「価値観とホンネ」をテーマにした特別ラジオ番組「関西Z世代のぶっちゃけどうなん?」(KBS京都)の放送を開始した。

同番組は、「Z世代の友人の会話を聞いているような感覚で聴けるラジオ」がコンセプト。関西のZ世代の最新トレンドをリサーチする番組で、MCもゲストも全員がZ世代となる。メインコーナーでは、恋愛事情や食、SNSの使い方、放課後の過ごし方、社会問題といったテーマに対する、一般的なZ世代論に対して「それってぶっちゃけどうなん?」とZ世代の価値観や本音に切り込む。

大広はZ世代に「エリア別」という軸を加えてその価値観や個性を研究するプロジェクト「大広Z世代研究所D’Z lab.」を2021年に立ち上げており、今回の番組のトークテーマについてもD’Z lab.のZ世代社員が選定。関西のZ世代を招いて、他の世代とは異なる価値観を持つ彼らの本音を、様々なテーマから掘り下げていく。

放送は全5回。隔月第3日曜 20:00~20:30。初回放送のみ2022年7月31日(日)。

Z世代の最新トレンドリサーチ番組「関西Z世代のぶっちゃけどうなん?」。


Follow Us