リクルートが銀座のギャラリーを刷新、2023年9月にアートセンター新設

share

リクルートホールディングスが東京・銀座で運営するギャラリー「クリエイションギャラリーG8」「ガーディアン・ガーデン」は、それぞれの活動を2023年8月に終了し、リニューアルすることを発表した。

拠点を銀座から同社の本社所在地である、東京駅前のグラントウキョウサウスタワーに移し、同年9月にアートセンターをオープンする予定だ。設計は平井政俊建築設計事務所、VIは菊地敦己氏が手がけている。


1985年にオープンしたクリエイションギャラリーG8は、クリエイターや優れたデザインを紹介する場として、400件を超える展覧会を開催してきた。1990年にオープンしたガーディアン・ガーデンでは、「1_WALL」をはじめとするコンペティションを120回以上開催するなど、若手クリエイターに表現する機会や場所の提供を試みてきた。

来年オープン予定のアートセンターでは、アーティストやキュレーターらが挑戦できる場を目指し、「制作歴10年未満のアーティストを対象に、フィードバック重視の審査と設営や広報までサポートする公募展/グランプリ個展の開催」「外部のキュレーターや批評家とともに、各地で新しい表現や取り組みに挑戦する若手アーティストのリサーチと展覧会の開催」「若手から中堅まで、さまざまな経験やキャリアを重ねているアーティストによる展覧会の開催」と、3つの活動を中心に展覧会の運営を行う予定だ。

リクルートアートセンタープロジェクトとして、新スペース開設に向けたさまざまな取り組みを計画している。オープンまでの活動は、近日公開を予定しているプロジェクトのWebサイトなどで紹介していく。


Follow Us