コラム

澤本・権八のすぐに終わりますから。アドタイ出張所

変幻自在の個性派俳優の憧れはブラッド・ピット(岡山天音)【後編】

share

【前回コラム】恥ずかしがり屋の中学生が、映画・ドラマで引っ張りだこに!(岡山天音)【前編】

今週のゲストは、先週に引き続き俳優の岡山天音さん。役づくりのために、プライベートも出っ歯をつけて過ごしたエピソードや、一風変わった休日の過ごし方など、岡山さんならではのトークが全開に!

今回の登場人物紹介

左から、岡山天音、中村洋基、権八成裕(すぐおわパーソナリティ)、澤本嘉光(すぐおわパーソナリティ)

※本記事は2022年8月7日放送分の内容をダイジェスト収録したものです。

出っ歯のまま美容室に行ったら、まさかの……

中村:岡山天音さんといえば、映画『キングダム2 遥かなる大地へ』(7月15日公開)の尾平(びへい)役ですよね?

岡山:「びへい」です、はい。

中村:もう、本当に色々な役をやられるなぁ〜、という。演じられる役の幅もかなり広いと思うんですけど、どうやって役づくりをするんですか?

岡山:尾平は、原作が漫画ということもあって、ビジュアルがすごい強くて、出っ歯なんですよね。だから……。出っ歯です。

一同:あはははは!

岡山:映画でも、特殊メイクさんに歯をつくっていただいて、前歯を出してやっていますね。すごい喋りづらいんですけど、当時はもう、マスクが当たり前の日常になっていたので、マスクの下は出っ歯で日常生活を送っていたんですね。でも、最初につけたときは全然喋れなくて……。異物感がすごかったんです。でも、前歯をつけて美容室に行ったりしていました。で、ある時に「(ヘアカットが終わり完成後の)全体の感じを見たいので、一回マスクを外してみてください」と言われて。そこで「やべー!」と思って……。

一同:あはははは!

岡山:で、マスクを外したら、「アレ!?」みたいな感じになって。でも、その出っ歯はすごいリアルにつくられているので、ますます「???」みたいな雰囲気になったんですよ。でも、僕もなんだか「いや、これは違うんですよ。次の役が出っ歯なので」というギアまで持っていけなくて……。なので、上唇で必死に出っ歯を覆い隠しながら。

一同:(笑)。

中村:え、言わなかったんですか!?(笑)

岡山:言わなかったですね。で、向こうも「アレ……。岡山さんて、こうだっけ?」みたいな。その気まずさが、すごい思い出深いですね。でも、そういう役づくりの苦しみもあったおかげで、無事にふつうの滑舌で喋れるようになりました。なので、役づくりというのは役によって本当にバラバラですね。

舞台をやっている時に感じる“非日常”

中村:今までに「これ難しかったな」とか「記憶に残ってるな」みたいな役って、あります?

岡山:う~ん、どうですかね。それは全部なんですけど(笑)。やっぱり、舞台に関しては場数を踏んだ経験が圧倒的に少ないので。今回の『VAMP SHOW』で4本目なんですよね。だから、そういう技術的な難しさはあるかもしれないですね。例えば、「フッ」と笑うだけでいろんなものがにじむ映像と比べると、舞台ではその「フッ」っという音を後ろの客席まで届かせなきゃいけない、とか。こういう時は、こっち向きでセリフを言わないと、端っこのお客さまから見えないから、とか。単純に、声の大きさもそうですし。でも、「この役は特別難しいなあ……」っていう波はないですね。どれも普通に難しいですし、どれも普通に楽しいし。でも、舞台をやっている時が本当に非日常をやっているな、っていう感じがすごいしますね。怒られたりもしますし……。

澤本:怒られるんですか?

岡山:怒られますね、「声ちっちゃい!」とかね(笑)。僕、映像の現場でも「声ちっちゃい」と言われるので。舞台ならなおさら、怒りたくもなるだろうな、っていう。「どんな声量で喋ってんだ?」みたいな。

澤本:でも、舞台にもよりますよね。番組のゲストに来てくれた山内ケンジさんの『城山羊の会』に出演された方がこの間、「目の前にマイクがあると思って喋ってくれ」と言われるんだと。声を大きくしないんだよね。

岡山:へえ~!!

権八:そうなんですよね。舞台なんだけど、映像みたいな芝居の仕方をしてくれっていう。そういう演出をしているらしいんですよ。独特ですよね、それはね。

澤本:映像の撮影現場に僕らがいて、それを舞台としてこっちから見てるみたいな感じ。

岡山:もう本当に、作品によってという感じなんですね。僕、すごい『城山羊の会』が好きで、何回か公演を見に行っているんですけど。確かに、なにか覗き見をしている感じがする、というか……。生々しいですもんね。

「昔から、ずっと旅をしてきた感じ」

権八:ご自分にとって、一番「自分らしさ」を感じるのは、フィールドとしてどこなんですか?舞台、ドラマ、広告、映画と、いろいろありますけど。

岡山:「自分らしい」は、ないですね。

権八:ないですか。

岡山:家にいる時が、一番自分らしい……。

一同:(爆笑)。

岡山:例えば『キングダム』だったら、主演の山﨑賢人くんとはもう10代の頃からご一緒しているんですけど。やっぱり彼は、いろんな作品でずっと主役をやられてきていて。ただ、ぼくは本当にもう、昔からいろんなジャンルの作品に出たり、主役の時もあれば、ほんの一瞬しか出ない役だったりすることもある。そんなわけで、昔からいろんなところをずっと旅しているんですよ。そんなふうに体が出来上がっているので、「ここが自分の居場所だ」と思う暇もなく、次の場所と同時に何本もやるのが日常で。だから、どの現場でも等しくなじめるし、どの現場でも等しく異物な感じもするし。どっちの感覚もずっとある、という感じですかね。

一同:う~ん!

権八:さっきの自己紹介でも、元々インドアで完結するっておっしゃっていましたけど。「家にいる時が一番自分らしい」って、家で何をやってるんですか?

岡山:家ではもう、ずーっと何かをやっちゃうんですよね。好きなことがいろいろあって。本を読んだり。ちっちゃい頃から漫画が好きなので、今も、すごい読んでるんですけど。ドラマも好きですし、お笑いも好きですし。なので、「インドアコンテンツ」みたいなものは、全部好きですね。

権八:ああ~、なるほど!

岡山:YouTubeも見ますし、それこそラジオも好きですし。

権八:じゃあ、ずっとエンタメ作品に触れているというか?

岡山:そうですね。作業や家事をやっている時は、何かを聞いちゃったり。でも、逆に今日は部屋の中から空を見たりしていて。最近、空を見る時間を設けるようにしてますね。これまでは、ずっと摂取し続けていたので。五感のどこかをなにかで埋めている、というか。最近は、外に出たりもそうですけど、そんな感じですね……(笑)。

権八:空を見てるって、誰かも言ってたな……。岡田将生くんか。

岡山:ホントですか?

権八:家で何してるんですか?って聞いたら、「空を見てます」って(笑)。

岡山:でも、ちょっとなんかそれ、いいですね。岡田将生さんが空見てるって、なんかモテそうだな。

一同:(爆笑)。

権八:それ、見た目じゃない!(笑)

岡山:なんだか掛け算になってますよね。空を見てることが。

権八:ほっこりするよね、コーヒーを飲みながら。

岡山:うわ~!可愛いですね。

次ページ 『惹かれるのは「存在のきらめき」』

Follow Us