井筒まい泉 100年企業を目指してファンマーケティングを開始

share

井筒まい泉は100年企業を目指し、ファンマーケティングを実施すると発表した。
まずはファンリサーチとファンコミュニケーションにより、まい泉ファンのインサイト理解とともに、発信コンテンツの精査を可能とするためにファンアンケートを実施。
次に、ファン心理に沿った商品開発やブランドメッセージの浸透を目的としてファンイベントを開催し、今までにないファン体験を共に作り上げるという。

1965年創業の同社は、創業社長が約70億円まで売上を伸ばすも、事業承継ができずサントリーが買収し、その後海外展開など含めて120億円に伸長。

事業成長の過程でまい泉ではTwitter、Facebook、LINEの企業公式アカウントを運用し、現在約10万人のユーザーとコミュニケーションを図ってきたが、今回新たにInstagramの企業公式アカウントを開設。それに伴い、お客さまがまい泉の商品やサービスについてどう感じているのか把握するためアンケートを実施する。ファンマーケティングの最初の取り組みとなるこのアンケートは、11月9日~11月23日の期間で実施しており、すでに2000名以上が回答しているという。

「ひとりでも多くのお客さまに“まい泉ファン”になっていただけるよう、より魅力的な商品やサービスをお届けし、SNSを通じてまい泉の歴史やこだわりについてご紹介するべく、アンケート結果を活用していきます」と同社。ファンマーケティング支援を行うBOKURAと協働し、ファンの発見・育成と顧客に寄り添ったコミュニケーションを通し、100年企業を目指す。


Follow Us