メール受信設定のご確認をお願いいたします。

AdverTimes.からのメールを受信できていない場合は、
下記から受信設定の確認方法をご覧いただけます。

×

頑張る想いを「円陣」で表現、みずほのサッカー日本代表応援CM

share

みずほフィナンシャルグループは、サッカー日本代表にエールを送る応援CM「想いをひとつに、前へ」篇を今年9月末に公開。11月22日に、その第二弾となる「届け、僕らの代表へ。」篇を公開した。

日本代表サッカーユニフォームを着て、まっすぐに前をみつめる黒島結菜さん。「行くぞ」という声と共に、ギターの演奏による『それが大事』の合唱が始まる。そして映しだされるのは、さまざまな人たちが自分たちの場所で円陣を組む姿。最後に登場するのは、サッカー日本代表だ。メッセージは、「想いをひとつに、前へ。」。

サッカー日本代表のサポーティングカンパニーである同社が、今回のCMの企画の中心に置いたのは「円陣」というモチーフだ。

「コロナウイルスや世界情勢などさまざまな不安を感じる世の中と、逆風の中で世界と戦っていく日本代表を共に鼓舞し、頑張る想いを一つにするために「円陣」というモチーフを企画の中心にしました」(制作チーム)

そのエネルギーを増幅させ、みんなの想いを同じ方向に向けるべく選ばれたのが、1991年にヒットした曲『それが大事』(大事MANブラザーズバンド)と合唱という手法だった。

第1弾のCMでは、様々なチームの円陣を描いている。

想いをひとつに、前へ」篇

続く第2弾では、Twitterで一般の人たちから円陣を組んだ動画の投稿を募集した。募集にあたっては、円陣動画を集めるためにサッカー系YouTuberのLISEMの協力を得て、タイアップを実施。YouTube動画で、サッカーファンと共に動画を作っていくという関係を目指したという。そこで、LIESEMの普段の企画と連動する形で、円陣動画の募集を告知してもらった。

また、このCMには、LISEMのメンバー他、元日本代表の中山雅史さんも出演している。

「届け、僕らの代表へ。」篇

日本全国から日本代表への応援の円陣動画を集めるために、サッカーYouTuber LIESEM と タイアップ動画を制作した。

「みずほ社内の有志のメンバーからも動画が集まり、社員と社会を巻き込むことができました。一方的に伝えていく物語型ブランディングではなく、ファンと共に描く共創型ブランディングを目指しました」(制作チーム)

日本の初戦に合わせて、「ニッポンは、強い。」というメッセージで新聞広告を出稿。みずほ銀行の店舗には「想いをひとつに、前へ。」のポスターを掲出し、OOHも展開した。

11月23日に出稿した新聞広告。

スタッフリスト

企画制作
電通+電通クリエーティブX+電通デジタル
ECD
川名宏昌
CD
日比昭道
企画
吉村一平
C
竹田芳幸
AD
三近淳
CP
吉井 俊太郎
Pro
荻野耕太、野崎淳史
PM
比良岡大樹、武井咲華
演出
丸山健志
撮影
伊藤仁、宮本佳史
ステディ
Kevin Yoshida
特機
釜田 友也
照明
溝口知
美術
鳴滝良弘
編集
中里耕介(オフライン)、志村暢之(オンライン)
DIT
石本卓也
カラリスト
高橋直樹
音楽
Erik Reiff
音楽Pr
Kenny Dallas
MIX
スズキマサヒロ
ST
小澤奈月、伊藤省吾、工藤祐司
HM
古久保英人、田坂たかえ
CAS
榎本聖美、久永敏克
AE
光山義治、近藤佑介
出演
西岡漣央

ECD:エグゼクティブクリエイティブディレクター/CD:クリエイティブディレクター/AD:アートディレクター/企画:プランナー/C:コピーライター/STPL:ストラテジックプランナー/D:デザイナー/I:イラストレーター/CPr:クリエイティブプロデューサー/Pr:プロデューサー/PM:プロダクションマネージャー/演出:ディレクター/TD:テクニカルディレクター/PGR:プログラマー/FE:フロントエンドエンジニア/SE:音響効果/ST:スタイリスト/HM:ヘアメイク/CRD:コーディネーター/CAS:キャスティング/AE:アカウントエグゼクティブ(営業)/NA:ナレーター


Follow Us