コラム

これからのマーケティングはクロスカルチャーだ! ―日本人マーケターが世界で価値を伝えるには?

avatar

作野 善教(doq®グループマネージングディレクター)

2001年ビーコン・コミュニケーションズ入社、日本市場でのマーケティング全般における経験を経て、2006年より米国広告代理店レオバーネットのシカゴ本社にて米国ブランドのアジアパシフィック及び欧州・南米市場向けマーケティング立案を担当。2009年に世界と日本をマーケティングとイノベーションで繋ぐことをビジョンにシドニーでdoq®を創業。異なる文化と背景を持つ多様性に富んだチームと共に、20年50社以上に渡るグローバル市場でのマーケティングを手がけ様々な賞を受賞。オーストラリアの移民起業家を称えるエスニックビジネスアワードにおいて史上2人目の日本人ファイナリストにも選出される。2008年シカゴ大学ニューアントレプレナーズプログラム修了。2011年ニューサウスウェールズ大学AGSMにてMBAを取得。2014年クロスカルチャーマーケティングエキスパートとしてTEDxTitechに登壇。2018年ハイパーアイランド・シンガポール校にてデジタルメディアマネジメント修士号を取得。


このコラムについて

日本とアメリカ、オーストラリアでグローバル市場のマーケティングに取り組んできた経験をもとに、日本と海外におけるマーケティングの捉え方の違いを、プランニング、クリエイティブ、海外パートナーとの仕事の進め方等の実務的な視点から紹介します。特に多民族国家であるオーストラリアの現場から、日本の製品・サービスをどのように人種・文化が異なる人に価値のあるものとして伝えていくか=クロスカルチャーマーケティングの視点で、日本人および日系企業が海外、国内において多様性に富んだチームで多様なセグメントを対象にマーケティングを展開する際の重要なポイントをお伝えしていきます。