コラム

売れる店頭研究会2013

avatar

澤地正人(株式会社マックス 取締役)


このコラムについて

2011年から12年にかけて、「店頭環境の変化」「次世代の店頭~ショッパーインサイト」「ショッパーインサイトを起点とした新たな需要の創造」をテーマに3回の研究会を実施。それらの報告も兼ねたセミナーには、150人以上が参加した。セミナーにはメーカー、小売、広告・SPと業界を問わず幅広く来場があった。それだけ「消費者に支持される売り場づくり」は共通の課題なのだと分かる。

そして、この研究会について、多くの方から「この先どのようなことを実施していくのか」といった問い合わせいただいたことから、前回に続き、店頭マーケティングの専門会社マックス協力のもと再び研究会を実施することとなった。

※2012のレポートはこちら

■著者
株式会社マックス
取締役 インストアソリューション部/経営企画室
澤地 正人

1976年東京都生まれ。店頭起点で「モノの売り方」と「売る場づくり」を考えるプランナー。

専門の店頭スタッフを全国に組織し、営業・販促・販売の支援を通じて、顧客企業の「売れる売場づくり」を担う株式会社マックス 取締役。ラウンダーと呼ばれる店頭巡回スタッフを全国に組織し、売場づくりから、営業代行、販促企画までを行う 「店頭マーチャンダイジング」のアウトソーシングが主業。当サービスを通じて、ブランド戦略、営業戦略、店頭販促の完全なる「店頭実現」を支援する中で、個店最適なマーケティングによって、顕在需要の拡大、潜在需要の掘り起こしを行うフィールドマーケティングプランナーとしても稼働。

近著に『セールスデザイン~売れる仕組みの作り方~』がある。

広告系の求人情報 宣伝会議キャリアナビ
マーケティング資料ダウンロードサービス
マーケティング・コミュニケーションパートナー一覧