「日本の広告費」2015年は6.2兆円で横ばい 運用型広告が2割増で好調

share

2015年の日本の総広告費は6兆1710億円で、14年からほぼ横ばいだった。電通が23日、発表した。海外経済の景気減速や個人消費の伸び悩みなどが影響し、通年で前年比100.3%となった。

at_i_at0223
電通発表のプレスリリースより

インターネット広告費は同比110.2%の1兆1594億円と2ケタ成長の一方、4マスの総広告費は同比97.6%の2兆8699億円と、新旧メディアで明暗が分かれた。

ネット広告費では、「運用型広告」が前年比121.9%の6226億円となり、拡大をけん引した。広告配信システムや自動取引プラットホームの浸透が見られるほか、ソーシャルメディアや動画ポータルサイトでの運用型動画広告のシェア拡大も成長を後押しした。運用型に予算が移動した枠売り広告は、前年をやや下回った。

【関連記事】
2014年「日本の広告費」、2.9%増の6兆1522億円 ネット初の1兆円突破
2013年「日本の広告費」、1.4%増の5兆9762億円 2年連続で増加

Follow Us


オススメ記事

アドバタ会議