正月広告No.1はパナソニック――新聞協会調べ

share

日本新聞協会が24日発表した調査結果によると、今年1月1日付の新聞で注目を集めた広告は、パナソニックの「環境革新企業」(全面・カラー)だった。同社は「3Dビエラ」(全面・カラー)、「エナジーソリューション」(全面・カラー)も出稿しており、広告主別の集計でも1位となった。

全国の15~69歳男女に、元日付の加盟社中64紙の本紙、第二特集などすべての広告を対象に、「目を引いた・気になった」広告を5つ選んでもらい、最も回答が多かった広告を、「正月広告注目度No.1」とした。1~4日にかけて4020人から、インターネットで回答を得た。

「目を引いた・気になった」広告の順位は次のとおり(広告主、広告内容、想起数の順)。

  1. パナソニック    (企業広告) 1287
  2. サントリー酒類 (ザ・プレミアム・モルツ) 1268
  3. トヨタ自動車  (企業広告) 1004
  4. キヤノン    (企業広告) 755
  5. 日立製作所  (企業広告) 724
  6. 資生堂     (企業広告) 538
  7. 日産自動車  (企業広告) 491
  8. パナソニック  (3Dビエラ) 458
  9. 日本マクドナルド(企業広告) 455
  10. 花王       (企業広告) 379

元日の新聞広告に関しては、「企業姿勢や考えが伝わってくる」と答えた人が62.1%、
「初売り広告情報を楽しみにしている」との回答が56.4%だった。

新聞協会は今後、脳科学的見地からも正月の新聞広告を調査する予定で、3月下旬ごろに
結果を発表する。脳波測定と目の動きを測定する技術を組み合わせて「新聞広告の読まれ
方」を分析する。

Follow Us