2月よりセカイカメラ上で『のぼうの城』関連のエアタグ提供開始

share

スマートフォンを活用した『埼玉歴史観光×ARプロモーション』第2弾

トランスコスモス株式会社は、株式会社リクルーの旅行カンパニーに設置された調査・研究組織「じゃらんリサーチセンター」および頓智ドット株式会社との協業により、埼玉県行田市の歴史観光コンテンツをスマートフォンにて情報発信する「AR(拡張現実)(※1)観光プロモーション」の企画・運営を行っています。

第1弾(※2)の「忍城時代まつり」にあわせたARアプリ「セカイカメラ」による市内の着地観光情報提供に続き、第2弾として、2月1日より小説&映画『のぼうの城』関連のエアタグ提供をセカイカメラ上で開始します。


※1 AR(拡張現実):Augmented Realityの略。
現実環境にデジタルの情報を重ねる技術。
※2 第1弾は、2010年11月12日に発表しています。
http://www.trans-cosmos.co.jp/company/news/101112.html

映画・小説「のぼうの城」の世界を、スマートフォンを使った行田市観光で体感


クリックすると画像が拡大します。

本プロモーションは、スマートフォンのAR技術[セカイカメラ]を活用した魅力的な周遊型観光を造成、エリア集客ならびに新しい埼玉県観光のPRにつなげることを目的としています。

今回は、ベストセラー小説「のぼうの城」(2007年小学館発刊、著者:和田竜)を原作とし、今秋、全国東宝系劇場にて拡大公開予定の映画「のぼうの城」(配給:東宝、アスミック・エース)に関する情報を観ながら、その舞台となった行田市をより立体的に楽しむことができる観光プロモーションを開始します。

具体的には、物語の舞台となった行田市「忍城(おしじょう)」周辺で「セカイカメラ」を起動したスマートフォンをかざすと、小説の一部や映画に登場する成田長親(主演:野村萬斎)や甲斐姫(出演:榮倉奈々)など主要キャラクターのエピソード紹介などがエアタグ情報として表示され、その場で読むことができます。

その他にも市内各所には約500個のエアタグが設置され、観光スポット、ご当地グルメ店、交通機関情報などの観光情報を周遊しながら得られ、エリアに対するより深い興味関心を喚起する仕組みとなっています。

◆2月19日(土)・20日(日)[予定]は、行田市にて「セカイカメラ」を使った期間限定イベントも開催!
・行田市ゆかりの武将たちの期間限定エアタグを集めてご当地グルメをお得にゲット!イベント「武将と共に『浮き城』に隠された暗号を解読せよ!(仮題)」
・セカイカメラと連動するAR(拡張現実)オンラインRPG(ゲーム)『セカイユウシャ』(株式会社アンビション)を使ったイベント「忍城での戦い~現代に復活した石田三成を討伐せよ!(仮題)」
(詳細URL: http://sekaiyuusya.jp/oshi/


※トランスコスモスは、トランスコスモス株式会社の日本及びその他の国における登録商標または商標です。
※その他、記載されている会社名、製品・サービス名は、各社の登録商標または商標です。

トランスコスモス株式会社について

1966年に事業を開始して以来、優れた「人」と最新の「技術力」を融合し、より付加価値の高いサービスを提供することで、お客様企業の競争力強化に努めて参りました。

コールセンターサービスをはじめ、ビジネスプロセスアウトソーシングサービス、デジタルマーケティングサービスなど、それぞれのサービスを単独、または融合させることで、お客様企業にマーケティングの最適化および効率化、売上の拡大、新規顧客の獲得などを実現する、総合的なITアウトソーシングサービスを提供しております。

さらに、これらのサービスは国内だけでなく、アジアを中心に、グローバルに展開しております。

当社は高品質なアウトソーシングサービスを世界規模で提供する、お客様企業の「Global IT Partner」を目指しています。
(URL: http://www.trans-cosmos.co.jp)

Follow Us