スマートフォンの広告価値、アンドロイドよりiPhoneユーザーが高い 米社調べ

share

米携帯アドエクスチェンジネットワーク最大手のモブクリックスは10日、「2011年1月の携帯アプリ広告収入において、iPhone(アイフォーン)ユーザーの方がアンドロイドユーザーよりも価値が高い」との調査結果を発表した。

これは同社が、ユーティリティー、エンターテインメント、ゲームの3つのカテゴリーで、米アップル製「アイフォーン」のユーザーと米グーグルのOS「アンドロイド」端末のユーザーについて、ユーザー1人当たりの月平均広告収入を調べたもの(有料アプリの収入は含まず)。

カテゴリー別ではユーティリティーが広告収入が最も多く、アイフォーンの1ユーザー当りの月間平均広告収入が9.50ドルでアンドロイドが7.20ドル、以下エンターテインメントでアイフォーンが6.70ドルでアンドロイドが4.90ドル、ゲームでアイフォーンが4.00ドルでアンドロイドが1.90ドルとなっている。(松本泰輔)

(注)1ユーザー当りの平均広告価値=総広告収入/ユーザー数(単位ドル)。調査対象は、データ量500KB以上のアプリをダウンロード済みで、75KB以上を1回5分以上、週3日以上使うユーザー。米モブクリックス社調べ

Follow Us