丼ぶりで日本を「ドンッ」と元気に/松屋フーズ「和太鼓(牛めし)」編 、「和太鼓(ビビン丼)」編

share

松屋フーズ「和太鼓(牛めし)」編 、「和太鼓(ビビン丼)」編

松屋フーズ

和太鼓編1
和太鼓編2
和太鼓編3
和太鼓編4
和太鼓編5

松屋フーズは、定食店「松屋」の主要3商品を期間限定で順次値引き販売するキャンペーンを5月16日~6月6日の3週間にわたって実施している。このキャンペーンの告知と店舗への誘引を図るため、タレントの溝端淳平を起用した新CMを放映開始した。作品中では溝端が特技の和太鼓を披露、太鼓の「ドンッ」という音と「丼」をかけ、「和の食卓を応援し、牛めしで日本を元気にしていきたい」という松屋フーズの思いを表現。キャンペーン期間中、割引き対象となる商品にあわせて「牛めし」編、「ビビン丼」編、「キムカル丼」編と順次展開する。20~30代の男性を中心とした幅広い年齢層へ、松屋の価格優位性と多彩なメニュー展開を訴求していく。

期間
2011年5月16日~(「牛めし」編)2011年5月23日(「ビビン丼」編)2011年5月30日

地域
全国、テレビスポット東阪名+ローカル店エリア

対象
20~30代の男性を中心に、幅広い年齢層

目的
主要丼商品の期間限定の値引き販売キャンペーンを伝え、併せてメニューの多彩さと手作り感のあるおいしさを訴求するため。

広告会社
電通

制作会社
デマンド

CD
鹿子木 寛

C
東野 みゆき、郡司 音

AD
荘司 哲司

PR
国分 和之、伊藤 恵

演出
町田 道雄

出演
溝端 淳平

略称
クリエーティブディレクター(CD)、コピーライター(C)、アートディレクター(AD)、プロデューサー(PR)、ディレクター(演出)


Follow Us