「リポビタンD」が発売50周年を記念。歴代CMキャラクターが揃って午後1時8分に、「ファイト イッパーツ!」

share

リポビタンD_大正製薬

大正製薬はドリンク剤の「リポビタンD」が発売50周年を迎えたことを記念し5月10日、発売50周年記念記者発表会を東京・大正製薬本社にて開催した。これに先駆け、5月10日(ファイト)を「ファイトの日」として日本記念日協会に申請し、正式登録されている。

発表会には王貞治さん、宝田明さん、渡辺裕之さんら、歴代のCM出演者10名が参加。それぞれの出演CM映像を流しながら、50年の歴史を振り返った。

発表会の最後には参加した記者も巻き込み、ファイトの日である5月10日(ファイト)の午後1時8分2秒(イッパーツ)にテレビCMでおなじみのキャッチフレーズ「ファイト イッパーツ!」を皆で叫び、50周年を盛り上げた。

このセレモニーの発起人は渡辺裕之さん。「イベント会場などで、大勢の方を前に『ファイト』と呼びかけると、皆さんが『イッパーツ!』と答えてくれる。そのとき、場に独特の一体感が生まれる」との提案で、50周年を記念して今回の企画が実現した。

大正製薬では歴代のCMタレントが部活やサークルなどを訪問し、一緒に「ファイト、イッパーツ!」と叫んでくれる「どとけ、ファイト!」キャンペーンも実施。50周年の節目をフックに発信力を強め、新たなユーザー拡大を図っていく。



Follow Us