コラム

若手起業家、世界一周へ

タバコの1本売りがフィリピン国内市場の67%を占める。

share

フィリピンの日本語情報誌のプライマーの記事にて、JTの方のインタビューがあったのですが、
その中でフィリピン国内のタバコ市場の実に67%がタバコ1本売りであるという大変興味深い話が出ていました。

ケニアのタバコたち

ケニアで小売店で売られているタバコたち(サファリというネーミング!)

…と言っても、日本にいる皆さんには「タバコ1本売り?なにそれ?」という感覚だと思います。
タバコ1本売りというのは文字通りですが、タバコを1本単位でバラ売りしているんですね。
20本の箱を丸ごと購入する余裕がない低所得者層の人でも、手軽にタバコを購入することができるというのがポイントです。その他、タバコとライターを持ち歩くのが面倒という人にもタバコ1本売りは利用されているようです。

マルボロライトのハーフパック

フィリピンで売られていたマルボロライトのハーフパック

通常、フィリピンではタバコは銘柄にもよりますが、だいたい1箱70円~80円ぐらいで購入可能です。
つまり、タバコ1本が約4円となります。日本に比べると安いですね。
それに少しの利益を加えた金額にてタバコ1本販売をしているのです。
サリサリストアと呼ばれる街角にある小さな小売店での販売はもちろん、フィリピン人が路上商人として街中を歩いて販売していたりもします。

フィリピンのサリサリストア

フィリピンのサリサリストア。治安配慮のため、鉄格子でガードされている店舗が多い

フィリピンだけではなく、他国でもこういった商売は見かけることが出来ます。
ただ、まさかフィリピンのタバコ販売の67%がタバコ1本売り商法だとは想像以上でした…。

シャンプー、洗剤、味の素なんかもそうですが、小さなパックでバラ売りにできたり、最低価格が低所得でも手が届くというのは重要なポイントなのでしょう。とある国では乾電池も1本単位で売っていましたし、薬なども錠剤1個単位で購入可能でした。単価1-2円キャンディの1個売りもよく色んな国で見掛けますし、インドではロッテのチョコパイも箱から取り出して1個単位で売ってくれました。

味の素の小分けパック

フィリピンのスーパーにて、味の素の小分けパック

なかなか日本では見かけることができないものばかりですが、
海外でタバコの1本売りを見かけたら、愛煙家の方は是非チャレンジしてみてはいかがでしょうか?

太田英基「若手起業家、世界一周へ」バックナンバー

もっと読む
第75回 「ガラパゴス化した日本のスーパーマーケット」はこちら

Follow Us