コラム

若手起業家、世界一周へ

コンドームレストランを訪ねてみた

share

皆さん、世界は広いもので、タイのバンコクにはコンドームレストランというお店があるのです。

正確にはCabbages and Condoms Restaurant (キャベツ&コンドームレストラン)という店名です。

Cabbages and Condoms Restaurant (キャベツ&コンドームレストラン)
restaurant inside 店内

日本男児として、決して見逃すことの出来無いそのネーミング…

早速ですが訪問してみました。場所はバンコクの中心地からすぐのところ。お店の入り口も店内の雰囲気も非常に好印象。普通にお洒落なちょっとグレード高めのレストランじゃないかと。

全然コンドームの要素ゼロじゃないかと思っていたら…いきなり現れたコンドームでつくられた人形。

Santa condoms2 (サンタコンドーム人形)

ちょっと驚きました…。他にも同じように人形が店内には何体も。

Santa condoms1 (サンタコンドーム人形)  condom doll2 (コンドーム人形2)

そしてお店の壁には性教育的な内容が。

sex education お店の壁には性教育的な内容

そうです。非営利法人PDAが1974年当時、タイ政府の課題としていた“家族計画を考える”ことのプロモーション目的として発足し、レストランの運営もしているそうです。
お店の収益は運営団体の様々な活動を支えているそうです。

condoms flower (コンドームの花)
condoms panel (コンドーム写真台)
お店のライトもよくみるとコンドーム
お店のライトもよくみるとコンドーム
新聞記事に取り上げられている創設者
新聞記事に取り上げられている創設者

いわゆる単なる“下ネタ”ではなく、ユーモアに溢れつつも真面目につくられて運営されていました。
食事は至ってノーマルに美味しいタイ料理が出てきました。

お店の出口ではコンドーム無料配布
お店の出口ではコンドーム無料配布

帰り際には「うちのお店にはミントは無いけど、コンドームならあります」

というわけでお会計時にコンドームを渡されます。こんなお店は人類史上初では…?

聞いた噂では、キャベツ&コンドームという店名には、コンドームを買うことはキャベツを買うのと同じぐらいハードルを低くするべきであるという意味合いが込められているとか。

ちょっと調べたら、なんと日本にも系列店が!なぜか熊本。

お店のぐるナビサイト

コンドームという一見敬遠されがちなキーワード。それを見事に家族計画や性について気軽に学び、考える場をつくったのはお見事だと思えました。

どうしても社会課題を啓発するときには、堅苦しい場所で堅苦しい話が中心になることが多いです。しかし、それだけではなく、こういうアプローチもあるのだということを学びました。

参照:Cabbages and Condoms Restaurant

太田英基「若手起業家、世界一周へ」バックナンバー

もっと読む

Follow Us