コラム

若手起業家、世界一周へ

フィリピンの0歳児がフェイスブックを始めたらしい

share

1年半ぶりにフィリピンに来ているのですが、実はフィリピンはフェイスブックの加入率が高い国のひとつ。
誰もがアカウントを持っている、そんな国なのです。

この前、仲良くなったフィリピン人が信じられないことを言い出したのです。
「昨日、友人の子供がまだ0歳なんだけれど、フェイスブックを使い始めたんだよね!その子とチャットもしちゃって、さすがに驚いたよ!ハハハッ!!」

…な、なぬぅっ!?
日本ではこの2年ぐらいでようやくフェイスブックが一般化してきたところだというのに、
フィリピンでは0歳児の赤子が手を出すまで進んでいるのか!?
というか赤子が!?そんな馬鹿な!?

facebook_adti

フェイスブックはタイムラインへの移行を進める方針(写真は「アドタイ」のフェイスブックページ)

と、、、まぁ、赤ちゃんがフェイスブックを扱えるわけがありませんよね。
そう、これは赤ちゃんの親が、子供のためにフェイスブックアカウントを取得して更新しているのです。
この前、フェイスブックはウォールをタイムライン化しましたよね。
つまり、その子が産まれた瞬間から、人生のアルバムづくりをフェイスブック上で出来ちゃうのです。
その子の成長の写真、どんな風に成長してきたのか、今日はどんな言葉を話せるようになったのか、歩けるようになったのはいつか、そんなことも子供のフェイスブックに想い出として刻んでいくことができるんですね。いわば子育て日記です。

そして、いつしか子供が成長をして、自分でパソコンを扱うようになった時にその子のアカウントを渡してあげるのでしょう。忘れがちな子供の時の想い出や、物心つく前の行動を振り返ることができるのです。
これは凄い…! 素敵過ぎじゃないですか…!
僕も子供が産まれたら子供の成長日記をフェイスブックでつくりたいと思います。
(ひとつだけ心配してしまうのは、フェイスブックがこの先も数十年ちゃんと続いていくのかどうかという点ですが)

もし、子供の成長日記をフェイスブックでつくっていくというムーブメントが起きたならば、
色々と面白い取り組みができるのでは? そんなことも考えてしまいますね。

皆さんも、もし子供がいるなら、フェイスブックで人生のアルバムをつくってみてはいかがでしょうか?
きっとその子が大人になった時に、大きな財産になるのではないかと思います。

太田英基「若手起業家、世界一周へ」バックナンバー

もっと読む

Follow Us