コラム

若手起業家、世界一周へ

あのアングリーバードの収益源って…もしかして?

share

どうも! フィリピンの首都マニラに到着したばかりです。
リゾートの雰囲気のあるセブ島から大都会マニラへ、これからまた違ったフィリピンを覗いていきます。

さてさて、
世界中で大ヒットとなっている人気スマートフォンアプリケーションの『アングリーバード』です。
その人気は世界中を旅していて、肌身にヒシヒシと感じております。

angrybirds1
angrybirds2

アングリーバードは世界中で人気(写真はマレーシアのおもちゃ屋さん)

なぜなら、アングリーバードのTシャツやら、カバンやら、様々なグッズを身にまとう子供たちを多くの国で見かけるからです。僕は多くの国でオモチャ屋に訪れるのですが、どこの国のオモチャ屋にもアングリーバードのキャラクターグッズが売っているんですよね。グッズの製品タグを見ると、どうやらアングリーバードのRovio社が各国や地域ごとにグッズのライセンス契約を結んでいるのではないかと思われます。
恐らく、Rovio社はアングリーバードアプリ自体の有料課金・広告収入、およびキャラクターグッズビジネス(書籍込み)で収益源を複数構築しているのではないかと。

そしてこれは今後の勝手な僕の展望ですが、以前、アングリーバードがRIOというブラジルのリオデジャネイロを舞台にしたヴァージョンをリリースしていました。今後は各国の観光省と組んで、国の宣伝としてアングリーバードと組むことも考えられますし、大型映画とのタイアップも可能なのではないかと思います。
例えば、『アングリーバード・バイオハザードver』、『アングリーバード・スターウォーズver』、などなど。
そうすることでコンテンツタイアップとして新たな収益源をアングリーバードは手に入れることができるのでは?

そう、アングリーバードを世界規模のひとつのメディアとして、積極的にタイアップを取り組んでいくのは面白いかもしれません。アングリーバードのトヨタver(車の世界?)や、アングリーバードの日清カップヌードルver(麺の世界…?)などなど。色々とアイデアだけは膨れてきますね!

世界で人気のスマホアプリは色んな可能性を秘めているんだなと、あらためて思ったりしたのでした。

太田英基「若手起業家、世界一周へ」バックナンバー

もっと読む

Follow Us