アドテクノロジーの活用にあたり、企業のマーケティング担当者に必要なのは“翻訳力”。つまり、そのテクノロジーを自分の言葉に置き換えて、社内で説明できること。

Follow Us